働き盛りの30代女性におすすめしたい界面活性剤と選び方

働き盛りの30代ですが、どんな界面活性剤を選べば良いのでしょうか?
30代ではまだまだ大丈夫、と思っている人が殆どなのが事実なのですが、気にしている人は気にしています。

特に働き盛りで忙しい30代の人々はシャンプー選びにそれほどこだわっていないでしょう。
そこで30代にはどんな界面活性剤を使えば良いのか調べてみましょう。

ハリとコシが出るシャンプーを選ぼう

頭皮にかゆみが出てくるのも、30代薄毛の特長の1つです。

正常な状態なら透明感のある頭皮も、赤く硬くなった状態になってしまいます。

女性の薄毛の場合、頭頂部、前髪から薄くなる場合も多いようですが、全体的に細くなり弱弱しい髪の毛になり、ボリュームがなくなると言う傾向があるようです。

自分で気づかなくとも、他人から指摘されてそれに気づく場合もあるようですね。

頭皮や髪の毛の異変に気づいたら育毛ケアを開始!

すると考えるのが育毛ケアのことです。
頭皮や髪の毛になにか出来ることをしなくては!

そう考える女性も少なからずいるでしょう。
しかし今まで使っていた市販のシャンプーとコンディショナー、どう変えればよいのか迷ってしまう場合も多々あります。

育毛シャンプーについて

そもそも育毛シャンプーとは男性と女性では性質が違うものですから、女性には女性の、男性には男性に適したものを選ぶ必要があります。

育毛剤も同じく、男性用と女性用があるように、育毛シャンプーも女性用、男性用があるんですよ。

女性におすすめ育毛シャンプーの特徴

女性は主に血行不良で薄毛が起こっている可能性が大きいため、刺激を与えずに血行促進の効果が期待出来るシャンプーを選んだほうが無難でしょう。

また頭皮が乾燥している女性も多いですから、皮脂の分泌が過剰にならない保湿力の高い界面活性剤を選ぶほうが良いのです。

女性の界面活性剤には特にこの3つが揃っているのがお勧めです。

  • アミノ酸系の洗浄成分であること
  • ノンシリコン
  • 頭皮のための有効成分が配合されたもの

これらを含んだシャンプーが30代のキャリアウーマンと呼べる働き盛りの女性のための界面活性剤のシャンプーだと言えますね。

3つを兼ね備えた界面活性剤とは?

アミノ酸系洗浄成分とはシャンプーに必ず入っている洗浄成分で、泡になり皮脂汚れや頭皮、髪の毛を美しくする役割を持っています。

アミノ酸系洗浄成分の特徴

最もシャンプーの出来栄えを左右するのが、この洗浄成分です。
洗浄成分は水の次に多いものですから、水の後に一番先に来る成分が配合量が多いということになります。

アミノ酸系シャンプーは洗浄力は低いですが、保湿効果があり、乾燥しがちな女性の頭皮にはぴったりの成分です。

育毛するならノンシリコンがおすすめ!

そしてノンシリコンというのはシリコンが入っていないということです。
シャンプーに配合されているシリコンは性質がオイル状になっており、不燃性でべたつかない、揮発性が良い、伸びが良いなどの特長を持っています。

傷んで絡まりやすい髪の毛を滑りよくしたり、さらさらの指通りにしてくれます。
また髪の毛の表面をコーティングする役割を持っています。

ただ、30代で育毛目的で界面活性剤シャンプーを選ぶのであれば、シリコンはないほうが良いでしょう。

薄毛が気になっていたり、全体的なボリュームがなくなっている人なら、ノンシリコン無添加のシャンプーがお勧めです。

血行を良くする有効成分にも着目

また有効成分としては主に血管の血流促進を促すものが魅力的ですね。
有効成分については他の商品とはここが違う!と大々的に宣伝しているものが良いでしょう。

実績やレビューなどをチェックしてなおかつ安全性にも優れているものがお勧めです。

まとめ

頭皮を健康な状態で維持するには、とにかく適度な皮脂や汗は必ず必要なものです。
あまりに皮脂が過剰分泌されることで嫌なニオイの元になってしまいます。

常に頭皮がベタついていたり、湿ったフケが出る場合は皮脂量が通常の人より多いことになります。
そんな人が見直すべきは界面活性剤も同じですが、食生活も見直してみましょう。

欧米化の乱れた食生活では皮脂の分泌量が多くなりがちです。
逆に乾燥しすぎている頭皮の人は洗浄力が優しい肌にも優しい界面活性剤を選ぶようにしましょう。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング