界面活性剤が頭皮に浸透すると起こり得るトラブル

界面活性剤は水と油分を混じり合わせる役割を担っています。
その性質を利用して、界面活性剤は日用品の多くに使われているんですよ。

食器洗い洗剤やハンドソープなど、水だけでは落としきれない汚れを乳化と言う現象によって落としています。

シャンプーもその中の1つで、水だけでは落とせない皮脂を界面活性剤を使って落としています。
しかしこの界面活性剤は1つ間違えると頭皮トラブルの元になってしまうのです。

界面活性剤は頭皮から浸透する?

人間の皮膚は有害な物質から守られるように皮脂膜というもので覆われています。
しかし界面活性剤はこの皮脂膜や角質層などを壊し、体内へ浸透してくるんですよ。

そして血液中に浸透し、体中に回っていくのです。

体内に浸透した界面活性剤がトラブルの原因になる

シャンプーで言えば頭皮から浸透し、たんぱく質を破壊し、アトピーや湿疹、頭皮トラブルを起こしかねません。

またかぶれや湿疹なども起こす可能性があります。

頭皮トラブルが起こるだけなら良いのですが、界面活性剤は頭皮から浸透すると血液に乗って体中へ回っていきます。
そこで恐ろしいのが体全体に起こるトラブルです。

バスルームの湿度や温度で浸透力が高まった界面活性剤の原液が、開いた頭皮の毛穴から体内へ浸透してしまうのです。

どんなトラブルを起こすのか

本来、消化器官から摂り込んだ栄養素は、必ず肝臓を通して解毒されてから97%が尿の中に排出されると言われています。

しかしシャンプーなどから直接浸透した界面活性剤は、そのまま毛細血管を通って心臓へ届き、次に心臓から全身の器官へと広がります。

そして体内に蓄積されることになります。

生殖器系に与える影響

女性の場合では子宮内に留まることもあり、アトピー性皮膚炎の子供が産まれる可能性が高くなります。
最近の研究では精液中の精子の数が減少、精巣障害との関連性も疑われているほどなんですよ。

ガン細胞になる可能性も

また直接体内に侵入した界面活性剤は、細胞内に入ると遺伝子も傷つける可能性を持っています。
傷ついた遺伝子は異常細胞へ変化を遂げ、ガン細胞へ変貌することもあるのです。

つまり界面活性剤を使い続けるとガンになる可能性も出てくるということになります。

健康な体なら、小さなガン細胞が出来ても白血球などの存在によりガン細胞を死滅させることが出来ます。

しかし長く界面活性剤を使い続けて有毒な体になってしまっている体内では免疫力が正常に働くなってしまい、ガン細胞を死滅させることが出来なくなっているのです。

そのため、生殖器のガンや子宮内膜症、精巣ガンや前立腺ガンやアレルギーなどにも界面活性剤は強い関与を持っていることになります。

体内に長く残留する界面活性剤

人間の体は不要物質や異物、毒素から身を守るために肝臓を経由して毒素を体外へ排出しています。

肝臓にダメージを与える恐れも

しかしシャンプーなどから直接界面活性剤が一度浸透してしまうと、肝臓の解毒作用もなくなってしまいます。

解毒を施す前に、肝細胞さえも破壊される可能性があるからです。
肝細胞そのものが破壊され、変性するので、機能障害を起こしてしまいます。

更に他の臓器に悪影響を及ぼす場合も

分解されにくい界面活性剤は体内に長く残留し続けます。
肝臓の次は腎臓に、と言う風に連鎖反応で次々に各器官に悪影響を及ぼすのが界面活性剤の浸透の恐ろしさなんですよ。

まとめ

人間の体を守っている皮脂膜を、強制的にはぎ取ってしまう界面活性剤は一度体内に浸透すると長く留まり、その後、ガン細胞を発生させる可能性があります。

普段は水さえもはじく皮膚細胞も障害が生じると100倍の浸透率になります。
そして慢性的に皮膚に障害を持っている人は通常の100倍の浸透率で界面活性剤を浸透させてしまうことになります。

ですから今、頭皮トラブルを抱えている、炎症を起こしている、もしくはただれやかぶれがある人は、合成界面活性剤を使ったシャンプーを使い続けていると後の恐ろしいトラブルに巻き込まれかねません。

一度使っているシャンプーを見直してみるのも良いでしょう。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング