合成界面活性剤の意味と特徴、頭皮に与える影響とは

合成界面活性剤とは一体どのような意味を指しているのでしょうか?
合成界面活性剤にも色々な種類がありますが、一体どの成分が安心で、安全に長く使い続けることが出来るのでしょうか?

身近なものでも固形石鹸でも合成界面活性剤は使われています。

その中でも最も浸透性が高いと言われる頭皮から入ってくるシャンプーやリンスの合成界面活性剤とは一体どのようなものなのでしょうか。

成分名や省略して記載されていることが多い

合成界面活性剤はパッケージに省略、もしくは成分名として記載されていることが多いようですね。
化学名で記載されているので、素人にはぱっと見分からない部分もあります。

合成界面活性剤を使っていないシャンプーやコンディショナーには無添加や合成界面活性剤無添加、もしくは合成界面活性剤フリーと記載されていますから、そのようなものを選んだほうが無難でもあります。

合成界面活性剤=水と油を混ぜ合わせる成分

合成界面活性剤とは水分と油を混ぜ合わせることの出来る物質のことを言います。

水分と油は普通は混じり合いませんよね。
それを乳化と呼ばれる現象によって混じり合わせることが出来るのが合成界面活性剤です。

身近なところにもある乳化剤

食品に入っているものとしては乳化剤と記されていることが多いです。

卵黄の中には天然の合成界面活性剤があり、レシチンと呼ばれるものがあります。
植物由来のサポニン、牛乳由来のカゼインナトリウムが天然の乳化剤です。

例えばマヨネーズが何故油分と水分が混じり合っているのかと言えば、卵黄レシチンが乳化の役割をしているからなんですよ。

性質から親水性部分がイオン性と非イオン性のものに分かれる

安全性が高い順番でいけば、非イオン性界面活性剤が最も安全性が高いと言われています。
グリセリン脂肪酸エステルなどが代表格です。

両性イオン界面活性剤、陰イオン界面活性剤、陽イオン界面活性剤の順に安全性が高いものとされていますが、必ずしも有害度の順番ではないようですね。

有害性の高い合成界面活性剤

特に有害な合成界面活性剤と言うと、ラウリル硫酸Na,ラウリル硫酸アンモニウム、ラウレス硫酸Naなどがあります。

硫酸やスルホン酸などが記載されているものは毒性が強いものですから、シャンプーに含まれている場合は購入しないほうが賢明です。

また歯磨き粉やメイク用品にもこれら界面活性剤は配合されていますから、成分をしっかり見極めて購入することがポイントです。

何故有害だと言われているのか?

界面活性剤は何故有害だと言われているのでしょうか?

タンパク質の性質を変えるから有害

それはたんぱく質を変性させると言う特殊作用を持っているからです。
たんぱく質はアミノ酸の結合体です。

アミノ酸はまず鎖状に結合し、ポリペプチドと呼ばれるものを形成します。
これが結合し、たんぱく質になります。

しかし界面活性剤はLASやAS、AOSなど5系と呼ばれるものはポリペプチド同士の結合を切り離すと言う力を持っています。

単一のポリペプチドと結びついて再びポリペプチド同士の結合を許さなくするんですよ。
この作用をたんぱく質変性作用と呼びます。

皮膚のたんぱく質はこの作用によって破壊され、慢性的な手荒れ状態を引き起こしかねません。

シャンプーで言えば慢性的に炎症を起こる可能性があります。

発がん性のリスクも高い

また発がん性があると言われているのも界面活性剤のデメリットでもあります。
界面活性作用が発がん物質を体内に吸収させやすくすると言われています。

界面活性剤そのものが直接ガンの原因になるかと言えばそうでもないようですが、発ガン性を促進させるということが分かっているようですね。

ですから界面活性剤は危険だと言われているのです。

まとめ

シャンプーやコンディショナーは開いた毛穴からどんどん界面活性剤が浸透していきます。

これらを防ぐためには出来るだけシンプルな商品を選ぶ必要があるようですね。
すると有害な物質が配合されている可能性も低くなります。

無添加、天然成分を表示しており、毒性が弱い界面活性剤を使っているヘアケアアイテムもあります。
頭皮が丈夫、肌が丈夫な場合だと、大丈夫かもしれませんが、肌がデリケートな人は頭皮がかぶれることもあるんですよ。

ですからもし新しいシャンプーに切り替える時は、デリケートはな肌質の人はパッチテストをしてから使うとより安心できますね。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング