石けん系の界面活性剤配合シャンプーの特長と頭皮の関係

石鹸系界面活性剤とは一体どんなものを言うのでしょうか?
世間一般的に見てみると、合成界面活性剤よりは頭皮に優しく、環境にも良いと言うように見えていますが、実際の所はどうなのでしょうか?

石鹸と言うからには弱酸性で、ハンドソープのようなマイルドな洗い心地に仕上がると言うことになるのでしょうか。
頭皮のとの関係について調べてみましょう。

石鹸系界面活性剤とは一体?

石鹸は界面活性剤と思っていない人も多いようです。
それだけアミノ酸系に似通った分類に属していると思っている人が多いようですね。

環境に優しい界面活性剤

しかし石鹸も界面活性剤の一種です。

石鹸は動物性の脂、油脂や脂肪酸を、アルカリで反応させて出来た界面活性剤の一種なんですよ。

天然の油脂に苛性ソーダを反応させ、石鹸とグリセリンを摂るというかん化方法と言うものと、油脂から脂肪酸を取り、苛性ソーダで中和して作る中和法と言う2種類があります。

弱い酸で油脂や脂肪酸を、強いアルカリ性の苛性ソーダで中和しますから、石鹸は最終的にはアルカリ性になるんですよ。

石鹸は生分解性も良く、環境に優しいとされている界面活性剤の一種です。
アニオン界面活性剤として知られています。

石鹸系界面活性剤の種類と特長

アルカリの種類によって、石鹸界面活性剤は大きく2つに分類されるようですね。

  • 脂肪酸ナトリウム
  • 脂肪酸カリウム

です。

油脂や脂肪酸を水酸化ナトリウムなど苛性ソーダで反応させたものを脂肪酸ナトリウム、ソーダ石鹸と呼び、固形石鹸や粉石鹸になります。

それに引き換え脂肪酸カリウムはカリ石鹸と呼ばれ、油脂や脂肪酸を水酸化カリウムという苛性カリで反応させたものが、液体の石鹸になります。

シャンプーに使われている石鹸界面活性剤は脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムを使っているものです。

洗浄力が高く生分解性の高さも特長の1つ

石鹸系界面活性剤は生分解性が高いことや洗浄力が高いのが魅力の1つです。
天然素材ですから、古くからの歴史もあります。

現在では多くのものに安全性を求められている時代ですから、シャンプーでも石鹸シャンプーを選ぶ人も多いようですね。

石鹸系界面活性剤でシャンプーをするとスッキリ感じる人が多いのは、皮脂を取ることに優れているからだと言われています。
高い洗浄力があるんですよね。

安全性の高さが魅力

また原料が天然の植物などから作られているからこそ、安全性も高く、肌の弱い赤ちゃんにも使うことが出来ます。

洗えば洗うほどに髪本来の自然治癒力も引き出してくれますから、髪の毛も健康になり、自然とツヤも出てくるのも魅力の1つです。

すすぎ残しには要注意

ただ、石鹸カスというものが水と合わさると出てくるので、すすぎをしっかりする必要があります。

シャンプー後のすすぎで石鹸カスが頭皮に残ってしまうと、フケやかゆみの原因になる可能性があります。

育毛効果についてはどうなのか?

石鹸系界面活性剤が頭皮に与える影響としてはどうなのでしょうか?
頭皮環境を整えてくれるのでしょうか。

その育毛効果についても期待したいものですね。

人によっては合わない場合もある

石鹸シャンプーの場合、天然素材を使った界面活性剤を使っています。
そのため頭皮への刺激は少なく、髪の毛には優しいシャンプーだと言えるでしょう。

ただ、洗浄力が非常に強いため、頭皮や毛穴の汚れをしっかり落としてしまします。

さっぱりした洗い上がりは特長なのですが、頭皮が脂性の人にはお勧めですが、乾燥気味の人にはあまりお勧め出来ないシャンプーだと言えます。

使い方に気を付けることが大事

ただ、続ければ続けるほどにかゆみやニオイも改善することが可能だと言われています。
頭皮は清潔になると頭皮にハリが出てきて、髪の毛にもツヤを出してくれます。

短期間でも長期間でも頭皮改善の効果が期待出来、育毛効果も期待出来るものだと言われているんですよ。

重度の乾燥肌の人が石鹸系界面活性剤を使うと、よりかゆみや乾燥を引き起こしかねますから注意は必要となります。

まとめ

石鹸系界面活性剤は洗浄力が高く、頭皮にも影響が良いことが分かります。
油脂をしっかり毛穴から取ってくれるのはありがたいことですが、乾燥肌の人にとってはあまりお勧め出来ない界面活性剤だと言えますね。

ただ、頭皮がぎとぎとしていたり、ベタつきが気になるという人にとっては最適な界面活性剤だと言えるでしょう。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング