界面活性剤の安全性と育毛対策で気をつけたいポイント

よくシャンプーに配合されている界面活性剤ですが、その安全性はいかなるものなのでしょうか。
うまく使うことが出来れば育毛も可能なのでしょうか。

汗やほこりは水だけで落とすことは出来ますが、皮脂などの油分は水では落とすことが出来ません。
そこで界面活性剤がシャンプーに加わっているのですが、その安全性を確かめてからシャンプー選びをしたいものですね。

実は体の中にもある物質

界面活性剤は水と油分を混ぜ合わせる作用のあるものです。
実は人間の体内にも存在するもので、必ずしも悪い物と決めつけることは出来ません。

身近な所にある界面活性剤

界面活性剤には

  • 自然界にある天然界面活性剤
  • 人工的に作られた合成界面活性剤

というものがあります。

界面活性剤は洗浄や乳化、保湿など多くの効果が期待されていますから、日用品、化粧品によく使われているものです。

界面活性剤の種類を見極めることが大事

安全性についてはその毒性や浸透性、残留性があるかどうかで決まってきます。

体に悪影響なものは下水処理でも分解出来ませんし除去出来ませんから、海や川を汚染する原因になります。
合成界面活性剤がこの部類に入り、2000から3000種類ほどもあると言われています。

シャンプーのみならず、食品や薬、化粧品にも使われているので、どの界面活性剤がどれに使われているのかというのを知ることも必要なんですよ。

乳化作用は毒性が高いものではない

汚れを落とす洗浄成分が界面活性剤というものなのですが、食品や医薬品で言えば、乳化剤として使用されています。

人間の体内でも役立っているレシチン

人間の体内にも見ずに溶ける性質のものと油分に溶ける性質のものがあり、この仲介役をしてくれるのがレシチンと言う成分です。

およそ60兆個と言われる人間の細胞には必ずレシチンが含まれ、界面活性剤としての役割を担っていることが殆どです。

血液中のコレステロールを溶けやすくする、細胞内の老廃物を血管内へ溶かし、血行促進するなど、レシチンは人間の体内でも役立っています。

ですから安全性としては乳化剤としての界面活性剤としてはけして悪いものではありません。

何から作られており、人間の体内にある物質やそれに似た作用のあるものが、人にも優しいと言うことになりますね。

育毛効果は期待出来るものなのか

頭皮環境を整えるという点から見てみると、天然の界面活性剤は育毛効果が期待出来ると言われています。
と言うよりは、育毛出来る頭皮環境を整えることが出来ると言えます。

その内の1つに石鹸シャンプーがあります。
石鹸シャンプーに使われている界面活性剤は、石鹸自体が界面活性剤です。

脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムという自然由来の成分が配合されているのが石鹸シャンプーの特長です。
自然由来、天然成分なので安全性も高いと言われています。

ではその育毛効果はどのようなものなのでしょうか。

頭皮環境を整えることは可能

結論から言ってしまえば、界面活性剤そのものに育毛効果は期待出来ません。

ですが石鹸シャンプーに含まれるような、天然成分の界面活性剤を使ったシャンプーを続けていると、頭皮環境を整えることが出来ます。

脂性で悩んでいる人などは特に、頭皮環境を改善することが出来るでしょう。
皮脂バランスを整えることが出来れば皮脂が原因の、フケやかゆみを抑制することが出来ます。

アミノ酸系シャンプーもおすすめ

頭皮や髪の毛、環境にも優しいと言われている、アミノ酸系シャンプーに含まれる界面活性剤も同じく、頭皮環境を整えることが出来ます。

高級アルコール系シャンプーと呼ばれるものに配合されている界面活性剤を使ったものより洗浄力は落ちますが、その分環境に優しく肌への刺激も少ないです。

そのため、頭皮が炎症を起こすこともあまり見られませんし、頭皮に必要な皮脂は残し、不要な皮脂は除去してくれる、適切な油分を保ってくれる界面活性剤と言えます。

まとめ

界面活性剤のみで育毛をするのは難しいことが分かってきました。
ただ、界面活性剤の種類によっては頭皮環境を整えることが出来ることも判明しましたね。

頭皮環境を整えることは育毛への第一歩でもあります。
頭皮が荒れている状態では髪の毛が生えてくるものも生えてきません。

もし界面活性剤の洗浄力でシャンプーを選ぼうと思うのなら、同時に育毛も出来る洗浄作用の入ったものを選ぶとなお良いでしょう。

頭皮環境を健やかに保つことが出来、育毛への近道へとなります。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング