女性の頭皮に悪影響を与える!?界面活性剤の役割とデメリット

女性で髪の毛がサラサラでツヤのあるものは憧れでもありますが、そのサラサラやツヤ感を出すためにはどうしたらよいのでしょうか?

よく市販されているシャンプーには界面活性剤と言うものが配合されていますが、それはどんな役割を担っているのでしょうか?

女性の頭皮に悪影響があるのでしょうか?
その役割と影響について調べてみましょう。

界面活性剤の役割とは

シャンプーを選ぶ場合、何に注目して選んでいますか?
メディアなどで流れているシャンプーが良い物だと思い込んで購入している人も多いでしょう。

ただ、女性にとって髪の毛は命とも言えるものですから、そのシャンプー選びには慎重になりたいものです。
シャンプーは頭皮を洗う目的であるので、洗浄力に注目して選ぶのがポイントです。

市販されているシャンプーには界面活性剤と言う成分が配合されています。
この成分はどんな役割を持っているのでしょうか。

汚れを落とすために大事な役割がある

それは水だけでは落ちきれない汚れを包み、髪の毛に再び付着しないようにする役割を持っています。

油分は水には溶けませんから、頭皮の皮脂を洗い流すためにはシャンプーへの界面活性剤の含有は必要不可欠なんですね。

界面活性剤は水と油分を混ぜ合わす働きを持っているんですよ。

界面活性剤の種類を見極めるのが大事

界面活性剤は大きく分類すると天然界面活性剤合成界面活性剤の2種類に分けることが出来ます。

頭皮のかゆみや炎症などがある場合は、刺激の少ない天然界面活性剤の配合されたシャンプーを使うのが望ましいでしょう。
天然由来のアミノ酸系界面活性剤入りシャンプーが良いと言われています。

アルカリ性イオン界面活性剤とは?

アルカリで植物の油を反応させた界面活性剤は石鹸系のシャンプーに含まれています。
洗浄力は高く、肌への刺激は弱いです。

頭皮に優しいのが特徴

この界面活性剤のメリットは天然素材で出来ているため環境に優しく、洗浄力も強いのでしっかり洗い上げることが出来ます。

さらに比較的リーズナブルな価格で購入することが出来るものメリットの1つでしょう。

正しく使わなければ逆にダメージになる場合も

ただ、泡立ちは悪く、フケが発症しやすいのも事実です。
頭皮が一時的にアルカリ性に傾きますから、リンスで中和剤を使うことも必要なんですよ。

ダメージヘアだとごわごわしたりきしみが出ることもあります。

最初に手に取った場合にきしみが気になる、ドライヤーでもからみが出るなどの髪の毛にとってのトラブルはあるものの、頭皮への優しさは高級アルコール系の界面活性剤よりは優しいので頭皮への労わりはあると言えるでしょう。

定番の界面活性剤は市販されているシャンプー殆どに入っている

定番の界面活性剤は市販されている高級アルコール系シャンプーほぼ全てに配合されています。

価格の安さと洗浄力の強さが特徴

洗浄力が強く、成分も安定しており、リーズナブルです。

ただ、刺激が強いため、肌がデリケートな女性の頭皮には向いていないと言えますね。

洗い上がりはスッキリとしてさっぱりしており、泡立ちも良く、水切れも良いです。
短期間でもスムーズに洗うことが可能で、価格も抑えることが出来るのがメリットです。

頭皮に大きなダメージを与えやすい

ただ、女性の頭皮の場合は脱脂力が強いため、頭皮の乾燥やかゆみの原因になる可能性が大です。
必要な頭皮の皮脂まで洗い流してしまいますから、頭皮のバリア機能も低下します。

頭皮も乾燥し、フケが出ることもありますから、高級アルコール系の界面活性剤と呼ばれるものは女性の頭皮にとっては影響力があると言われています。

そのため女性の頭皮ケアには高級アルコール系のシャンプーに含まれる界面活性剤は悪影響だと言われているんですよ。

まとめ

界面活性剤と言っても、アミノ酸系界面活性剤というものがあります。
価格は若干他の界面活性剤を使ったものとは高いと思いますが、低刺激で肌への刺激も弱いものです。

一般的に言う界面活性剤は洗浄力の強いものが多いのですが、界面活性剤と言っても幅広いものがあります。

もし自分のシャンプーが何か肌に合わないと感じているのであれば、アミノ酸系界面活性剤を使ったシャンプーを手にしてみるとよいでしょう。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング