界面活性剤の洗浄力の強さと正しい使い方・育毛剤との関係

洗浄力でシャンプーを選んだことはありますか?
普段使っているのは市販の高級アルコール系の界面活性剤を使ったものでしょうか。

それは洗浄力は強く、洗い上がりはスッキリしており、指通りも良いので多くの人が使っています。

しかし使い方によっては薄毛や抜け毛の原因になってしまいますから、洗浄力が自分に合っており、なおかつ育毛剤の効果を期待出来るシャンプーが望ましいですね。

最も有名な界面活性剤は市販されているシャンプー殆どに使われている

高級アルコール系の界面活性剤はラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naと言ったような化学薬品になります。

これらの成分の特長は、強い洗浄力、そして泡立ちが良いことです。
しかし逆に頭皮への刺激や髪の毛へのダメージも相当なものとされています。

洗浄力が強いから必ず悪いものではない

ただ、これらのシャンプーは美容室でもよく使われているシャンプーなんですよ。
シャンプーは洗浄力の弱い成分を使うと、汚れが落ちにくいからと言えます。

特に最近は洗い流さなくて済むトリートメントなども販売されたり、ワックス、ジェルが前よりもセット力に優れていることから、洗浄成分が強いほうがなるべくなら頭皮へのダメージも少なくて済みます。

ですから必ずしも洗浄力が強いイコール悪いもの、という図式で成り立っているものではないんですよ。

育毛剤を使う注意点とは

実際、界面活性剤でラウリスジメルアミンオキシドと呼ばれるものが育毛剤にはよく使われています。

界面活性剤とは水と油の両方に馴染む性質を持っていますから、シャンプー後に濡れた頭皮に使うのに適しているんですね。

界面活性剤の種類と用途

また界面活性剤にはアニオン系とカチオン系があり、アニオン系は乳化作用が高いので、シャンプーなどの洗浄成分に使われています。

カチオン系は柔軟性を持っているので、柔軟剤やリンス、トリートメントなどに使われています。

カチオン系界面活性剤であるラウリルジメルアミンオキシドは育毛剤において水分や油分、天然成分同士を均等に混ぜることが可能で、安定させる目的で使われていることが多いようです。

殺菌作用もありますから、頭皮への影響として殺菌効果が期待されています。
静電気防止効果も期待されていますので、髪の毛の静電気を防ぐことも出来るようですね。

さらに低刺激で他の成分の刺激を弱める傾向もありますから、頭皮への影響を優しくし、肌荒れ防止にも役立ってくれます。

育毛時でも安心して使える場合もある

多くは合成で、ヤシ油から抽出されています。
安全性が心配されていますが、特殊成分ではありませんから、多くのシャンプーや育毛剤に配合されています。

安全性に問題があるとは言い切れない部分がありますから、安心して育毛として使うことが出来るでしょう。

アミノ酸系でマイルドに洗って育毛剤を使うか、しっかり洗って育毛剤を使うか

では洗浄成分で選んだ界面活性剤と育毛剤、どのように使えば育毛効果を期待することが出来るのでしょうか?

育毛剤は毛穴の奥まで浸透しなければ効果を期待することは出来ません。
ですから、頭皮の毛穴汚れをしっかり除去する必要があります。

界面活性剤の種類によって洗浄力が違う

そんな時に考えるのが界面活性剤の種類です。

アミノ酸系の洗浄成分は肌に優しく頭皮にもマイルドで、必要な皮脂は残してくれますが、毛穴の奥まで育毛剤が浸透するとは限らないのが事実です。

それに比べ、しっかり洗浄力の高い洗浄成分がある界面活性剤を使ったほうが毛穴汚れが一掃され、育毛剤がより浸透するのが事実です。

これを踏まえた上で、育毛剤をどう使っていくのかは個人の自由です。

目的に合わせて使い分けるのが大事

髪の毛や頭皮に優しく、育毛剤を長く使い続けて育毛を行っていくのであれば、頭皮や髪の毛に優しい界面活性剤を使ったほうが良いでしょう。

ただ、早く効果を実感したいと思うのなら、洗浄成分が強い、毛穴汚れをしっかり取り除いてくれる界面活性剤を使ったほうが、育毛剤の効果は期待出来るかもしれません。

まとめ

育毛剤を使う場合は、個人個人の頭皮環境に合わせて使うことが大切です。
育毛剤でもヒリヒリしたり、かぶれを起こす可能性があるからです。

そこに界面活性剤の洗浄力が強いものを使ってしまうと、より頭皮トラブルが起こりかねません。

ですから、自分の頭皮と相談して、自分がどの界面活性剤を使って育毛をすることが一番なのかを決めていきましょう。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング