妊娠中から産後の薄毛に備える界面活性剤の選び方

妊娠中は何かと気を使います。
食べるものから飲み物まで、胎盤を通して胎児に悪影響はないかな?

そう考えながら敏感に過ごす妊婦さんも多いでしょう。
中でも一番厄介なのは抜け毛です。

妊娠中も抜け毛が出ると言われていますが、産後の抜け毛はもっと大変です。
そんな妊娠中や産後の抜け毛に最適な界面活性剤はあるのでしょうか?

頭皮への刺激が強すぎて抜け毛促進することも!

産後の抜け毛に最適なシャンプーを選ぶのなら、やはり界面活性剤の存在は欠かせないでしょう。
界面活性剤は頭皮や髪の毛の汚れを落とす成分です。

しかしこの界面活性剤によっては、頭皮への刺激が強すぎ、産後の抜け毛を促進してしまう可能性もあるんですよ。

特に妊娠中から抜け毛が始まっているという女性は、産後の抜け毛も心配になるでしょうから、今から界面活性剤について詳しく知っておく必要がありますね。

市販シャンプーの界面活性剤は刺激が強すぎ

市販されている多くのシャンプーは泡立ちや洗浄力が良い界面活性剤を使っています。
ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naという成分名でパッケージの表示に記されていると思われます。

産後の抜け毛が気になるママにとって、この界面活性剤は洗浄力が強すぎますから、抜け毛を助長する作用が強いです。

ですからこのような界面活性剤を使用しているシャンプーは出来るだけ避けたほうが良いでしょう。

妊娠中には使っていけない界面活性剤がある?

では産後の抜け毛で高級アルコール系の界面活性剤は抜け毛を助長すると分かった所で、妊娠中から抜け毛が始まってしまった、もしくはお腹の中の赤ちゃんが心配だ、という女性は、どのような界面活性剤を選べばよいのでしょうか。

基本的には安心して大丈夫!

実は基本的に、妊娠中の女性が使ってはいけない界面活性剤はありません。

胎盤から胎児へ悪影響が及ぶものはないのです。
そのような迷信が囁かれているようですが、使っていけないシャンプーはありません。

刺激の強い界面活性剤は避けるべき

ただしデリケートな妊娠中の時期ですから、刺激に敏感になりやすいです。
そのような意味で言えば、あまり刺激の強いシャンプーは避けたほうが無難でしょう。

頭皮の油分をごっそり取ってしまうようなラウレス硫酸Na、ラウリル硫酸などの硫酸系の配合された界面活性剤を使用したシャンプーは避けたほうが良いですね。

胎児に影響はなくとも、ママ自身に影響があります。
つわり時期にも高級アルコール系シャンプーは香りがキツイものが多いので、そのような場合には無臭のシャンプーや柑橘系の香りのシャンプーで乗り切るのが一番です。

低刺激なアミノ酸系シャンプーで抜け毛を防ぐ

産後、抜け毛が酷いという場合、アミノ酸系シャンプーで抜け毛を予防するという手段もあります。
最近では低刺激でアミノ酸系洗浄液を使用しているシャンプーも少なくありません。

産後の抜け毛が気になる女性はこのような刺激の弱いシャンプーを使ってみるのも良いでしょう。
泡立ちは少ないものの、頭皮や髪の毛にはそれだけ優しいシャンプーです。

石鹸系やベタイン系界面活性剤もおすすめ

また石鹸系の界面活性剤を使ったシャンプーは環境にも髪の毛にも優しいのでお勧めでしょう。

さらに今現在注目を集めているのがより低刺激なベタイン系のシャンプーです。
アミノ酸系洗浄液よりもずっと低刺激で毛先のパサつきを抑制する効果を期待されている界面活性剤なんですよ。

乾燥する秋から冬にかけて生まれたママにとってはベタイン系の界面活性剤は特に重宝するでしょう。

まとめ

妊娠中に使用してはいけないシャンプーはないということが分かりましたが、産後の抜け毛はどうしても起こり得るものです。

それがどれだけのものかは個人差がありますが、どうしても抜け毛が治まらない場合はシャンプーの界面活性剤を変えてみましょう。

より頭皮や髪の毛に優しいアミノ酸系シャンプーにするか、ベタイン系の界面活性剤を使用するかを選ぶようにしましょう。
産前からこのような界面活性剤を使っていると、産前から産後まで抜け毛対策をすることが可能でしょう。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング