高級アルコール系シャンプーの界面活性剤がもつ特長と注意点

高級アルコール系の界面活性剤と言うものを知っていますか?
今現在多く流通されている市販のシャンプーには、この高級アルコール系界面活性剤が使用されています。

価格が高級という意味ではなく、アルコール分子の中で、炭素が6つ以上含まれているものを高級アルコールと呼んでいるようです。
炭素の数が多ければ多いほど油性へ強く傾き泡立ちもよく、洗浄力も強くなります。

それ故頭皮に刺激も強くなりますが、高級アルコール系の界面活性剤ならではのメリットもありますので、紹介していきましょう。

高級アルコール系の界面活性剤のメリットとは

まずドラッグストアなど、どこでも市販されているのがこの界面活性剤の入ったシャンプーです。
比較的リーズナブルな価格で手に入りますから、毎日使いするにはお得と言えばお得でしょう。

一般的なシャンプーと言えば、この界面活性剤であると言えます。

泡立ちの良さと洗浄力の高さが特徴

少量の液でもすぐに泡が立ち、泡立ち良く洗い心地も良いです。
シャンプーの中でも最も洗浄力も強く、皮脂汚れもしっかり落としてくれます。

シャンプー後にはしっかりした爽快感を得ることも可能ですから、シャンプー後にスッキリしたい人や髪がベタついて気持ち悪い人、脂性肌質の人などには特に好まれる界面活性剤です。

洗い上がりの良さや香りの良さも特徴

また成分にはシリコンなどのコーティング剤も含まれますから、指通りも良く、無添加シャンプーと比較するとぎしぎししたりごわつきがなかったりと、仕上がりも滑らかに仕上がります。

髪にツヤも出ますし、香料も含有されていますから、非常に洗い上がりが良いのが特長です。

デメリットはどこにある?

高級アルコール系の界面活性剤のデメリットはどこにあるのでしょうか。

頭皮や髪の毛に大きなダメージを与える

それは原料が石油由来で出来ているものが殆どだと言うことでしょう。

保存料や着色料も入っていますし、香料など合成添加物が詰め込まれています。

また洗浄力が非常に高いので、脂質の人にはお勧めですが、頭皮の皮脂を取りすぎてしまいますから、必要な油分まで取り去ってしまいます

そのため皮脂の取り過ぎで頭皮が乾燥したり、皮脂が過剰分泌されたりと、頭皮トラブルが起こる可能性があります。

敏感肌の人、乾燥肌の人にはあまりお勧め出来ない界面活性剤です。

頭皮トラブルを招く危険性が高い

またシリコンが入っていることが多々ありますから、このシリコンは頭皮に付着するとなかなか取れない性質を持っています。
それが毛穴を塞ぎ、毛穴詰まりの原因になることもあります。

毛穴が詰まった状態が続くと湿疹、かゆみの原因になるため、育毛や頭皮のことを考えるのであれば、天然由来の界面活性剤を選んだほうが無難でしょう。

高級アルコール系の界面活性剤を使う際の注意点は?

高級アルコール系の界面活性剤は、何よりも洗浄力が強いです。
ですから、頭皮にとって必要な皮脂まで全て落としてしまうこともあるようですね。

肌の弱い人は避けるべき

特に肌の弱い人などは、頭皮に炎症を起こしたり、赤みが出たりする場合もあるようですから、注意が必要です。

デリケートな肌質だと自覚している人は高級アルコール系の界面活性剤は避けたほうが良いでしょう。
また肌の弱い人などを薄毛の原因にさせることもあるようですから、注意が必要です。

発がん性などのリスクも高い

さらに界面活性剤は頭皮から人間の体内に浸透していきますから、発がん性などの危険性があると言われています。

洗浄力が高く皮脂を強力に洗い流すほどの力があるのですから、体内に浸透してきたことを思うと、恐ろしいような気もしますね。

まとめ

安価で作ることが出来る高級アルコール系の界面活性剤は、多くの市販されているシャンプーに使われています。
ですから毎日使うシャンプーにそれほどお金をかけなくても済むのがメリットとしても挙げられるでしょう。

ただ、メリットと同時にデメリットもありますから、それらを総合的に考えて、自分がどの種類の界面活性剤を使うかをしっかり見極める必要があります。

肌の弱い人は高級アルコール系の界面活性剤は控えたほうが良いでしょうし、長く使い続けるものだからこそ、今から肌に優しいと言われる弱酸性のアミノ酸系界面活性剤に切り替える人も多いでしょう。

個人差はありますが、界面活性剤というものをよく知って、シャンプーを選ぶようにしましょう。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング