薄毛の原因になりやすい?石油系界面活性剤の見分け方と注意点

石油系の界面活性剤を使ったシャンプーを使い続けると薄毛になるとは本当なのでしょうか。

石油系の界面活性剤と言えば、合成界面活性剤とと呼ばれることが殆どですが、その高い洗浄力で洗い上がりがサッパリしつつ、髪の毛の表面にはツヤが出て、しっとりした質感になります。

泡立ちも良く、よく市販されているシャンプーと言えばこの石油系の界面活性剤になります。
何故薄毛になるのでしょうか。

地肌を荒れさせることが多い石油系の界面活性剤

女性は禿げにくいと言われていますが、石油系の界面活性剤を長く使い続けていると、薄毛になる可能性も高くなると言われています。
それは一体何故なのでしょうか。

頭皮に大きなダメージを与えやすい特性がある

シャンプーの主成分の洗浄剤が石油系の界面活性剤のみで出来ているシャンプーは地肌を荒れさせることが多いです。

特に朝にシャンプーをしている人は慌ただしい中、すすぎがおざなりになりがちで、シャンプー剤が頭皮に残りやすいです。

その頭皮に残ったシャンプー剤が積もり積み重なって薄毛になる原因になります。

石油系の界面活性剤が配合されたシャンプーは市販で購入出来るものが殆どで、比較的安価で購入出来ます。
パッケージで選んでいる人も多いのではないでしょうか。

炭素数が多いほど刺激が強くなる

アルコールの分子に含まれる炭素数が多ければ多いものを高級アルコール、少ないものが低級アルコールと呼ばれています。

ポイントとしては炭素数が多いものは泡立ちが良く、手触りも滑らかで洗浄力が良いです。
ただ、人によって刺激が強いものが多いので、注意が必要です。

洗浄力が強すぎると皮脂分泌過剰の可能性も

石油系の界面活性剤は市販でどこにでも手に入るものですから、手軽で便利な反面、薄毛になる可能性も秘めています。

洗浄力が強いということは頭皮や髪の毛が本来必要となる、頭皮に必要な皮脂まで根こそぎ取ってしまうことになります。

そのせいでより皮脂が過剰分泌されることになるんですよ。

洗浄力の高さが悪循環を招く

特に薄毛の人は皮脂が過剰に分泌されると頭皮のベタ付きを感じます。
そのため、べたつくがために、より洗浄力の強いシャンプーを求めがちです。

しかしそれが間違いの元です。

綺麗さっぱり洗い流してしまいたいという気持ちも分かりますが、頭皮に必要な皮脂まで奪い去ってしまう石油系の界面活性剤を使うと、ますます頭皮の皮脂が取り除かれてしまいます。

かえって薄毛を悪化させる可能性があります。

頭皮内では乾燥している可能性もある

ベタついている頭皮をチェックしてみると過剰な皮脂分泌にばかり目がいきがちですが、実は頭皮の内側は乾燥して言るという、インナードライになっている可能性もあるんですよ。

この肌のインナードライは顔のインナードライと同じ症状です。
頭皮の表面は皮脂が多いのに、内側はカサつきがある状態なんですね。

ですからいくらシャンプーをして表面の皮脂をしっかり取っても過剰な皮脂分泌を止めることが出来ません。

頭皮の内部環境も整える必要があります。

石油系の界面活性剤の見分け方とは?

石油系の界面活性剤がそのシャンプーに配合されているかどうか見分けるには、パッケージの裏側の成分表を見るのが一番でしょう。

パッケージに記載されている成分表示を確認

内側の成分表にラウレス硫酸やラウリル硫酸などと言った表記があれば、石油系の界面活性剤が入っていることになります。

見分け方は極簡単ですから、誰にでも出来るかと思います。

しっかり髪の毛と頭皮を洗いたい、シャンプーをしてスッキリしたいという気持ちも分かりますが、石油系の界面活性剤が髪の毛や頭皮に与える影響を考えると、あまり良くないと言えますね。

石油系界面活性剤のデメリットを理解することが大事

洗浄力は強く、泡立ちも良い、水切れも良いし、髪の毛にツヤを与えてくれる。
これだけ考えると石油系の界面活性剤が優れたものだということも分かります。

しかしその分頭皮に刺激を与えていることは確かですし、洗い過ぎのデメリットも含まれています。

頭皮トラブルで悩んでいる人がいるのなら、いっそのこと石油系の界面活性剤のシャンプーを使わないという方法も1つの手段かもしれませんね。

まとめ

これだけ書いてきても、実は石油系の界面活性剤にも良い点はあります。
ただ、薄毛に悩んでいる人は石油系の界面活性剤の使用は控えたほうが良いでしょう。

無難なのは洗浄力や肌に優しいアミノ酸系の界面活性剤を使うことです。
皮脂を取りすぎず、必要な皮脂は残してくれ、汚れはしっかり取ってくれるマイルドなものです。

石油系の界面活性剤の注意点としては刺激が頭皮に強すぎることです。
デリケートな肌質だと分かっている人は、頭皮が荒れる可能性もありますから、注意が必要となります。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング