女性特有のびまん性薄毛と界面活性剤の関係性

女性特有の薄毛であるびまん性薄毛ですが、このびまん性薄毛というものを正確に知っている人はそれほどいるでしょうか。

びまん性薄毛とは、男性のそれとは異なり、頭頂部や前頭部から禿げてくるわけではなく、全体的なボリュームが減り、髪の毛が弱弱しく細くなってしまうことを言います。

このびまん性薄毛に対して、界面活性剤はどのように作用してくるのでしょうか?

びまん性薄毛の原因とは?

びまん性薄毛は30代後半以降の女性に多いと言います。
最近では若い女性でもこのびまん性薄毛に悩まされていることも多いようですね。

髪の毛全体が薄くなる症状

びまん性薄毛にいったんなるど、通常の脱毛症のように額や頭頂部の境目がなくなり、髪の毛全体の密度が低下します。

全体的に細く薄くなってしまうのがびまん性薄毛というものです。
ヘアサイクルの抜けた休止期の割合が多くなることにより、結果的に髪の毛全体が薄くなってしまうのです。

様々な原因が絡んで起こる症状

原因は年齢やダイエット、ピルや過度なヘアケアなどがあります。

年齢は細胞自体が老化し、血流が悪化することで起ります。

ストレスは、女性の社会進出に伴って、ストレスを多く受ける機会が多くなったことで起ることが多いようですね。
また極端なダイエットによってびまん性薄毛になってしまう女性もいます。

ピルは一定期内服した後に中止すると一時的に休止期脱毛が多くなり、びまん性脱毛を起こすと考えられています。

界面活性剤との関係は?

びまん性薄毛と界面活性剤との関係は、過度なヘアケアにあります。

界面活性剤を含んだシャンプーを大量に使用することで髪の毛にも良くありませんし、頭皮にもよくありません。

界面活性剤配合のヘアケア製品を使いすぎると起こる

リンス、コンディショナーをロングヘアの女性は大量に使いますから、界面活性剤が毛穴を詰まらせてしまう原因になるんですよ。

それにムース、ジェルやスプレーなどの使い過ぎによってもびまん性薄毛の原因になります。

また頭皮の皮脂は育毛、発毛に良くないと一般的には言われています。
古くなった角質、皮脂が毛穴に詰まることによって髪の毛の育毛にも関わってきます。

これは男性も女性も同じく言えることです。
しかし女性の場合シャンプーのし過ぎで頭皮の皮脂が必要以上に奪われることになります。

界面活性剤の使い過ぎというわけですね。
頭皮が刺激に弱くなり、炎症を起こす可能性もあります。

肌を覆う皮脂は外敵から守る肌のバリア機能と呼べるでしょう。
このバランスが乱れるとアトピーなどのアレルギー疾患や皮膚障害を引き起こしかねます。

ヘアケアの頻度や製品の種類を見直す

ですからびまん性薄毛になってしまう、なってしまった女性の場合、シャンプーの度合いを見直す必要があります。

また使われている界面活性剤の種類もしっかりチェックする必要がありますね。

びまん性薄毛には界面活性剤が使われていない石鹸シャンプーを

びまん性薄毛には、界面活性剤が使われていない石鹸シャンプーやアミノ酸系のシャンプーを使うことをお勧めします。

使い心地は最初はキシキシしており、市販シャンプーのようにさらっとはなりません。
しかし専用コンディショナーを使うことで髪の毛のきしみが中和されますから問題もなく使うことが出来るでしょう。

症状に気づいたら早めにシャンプーを変える

びまん性薄毛に界面活性剤を使うのは無茶な話です。
石鹸シャンプーを使うことで髪質を変えることも可能です。

また弱酸性のアミノ酸系シャンプーを使うことも良いでしょう。

髪の毛はアミノ酸で出来ていますから、髪の毛を洗うたびに有効成分がしっかり毛髪の中に浸透して、細く弱弱しかった毛を元気にしてくれます。

まとめ

びまん性薄毛は女性特有の薄毛と言えます。
男性のものとは異なり、髪の毛全体のボリュームがなくなることが特長です。

原因は加齢によるものやストレス、極端なダイエットなどがあげられます。

ただ、界面活性剤とうまく付き合っていくことで髪質を変えることが出来ると言われていますから、石油系の界面活性剤を使わずに、弱酸性のアミノ酸系シャンプーや石鹸シャンプーを使うことでびまん性薄毛を改善することが期待出来るでしょう。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング