子供が薄毛にならない為の界面活性剤の選び方と注意したいポイント

市販されているシャンプーを子供にも使っている家庭はありませんか?
そのような家庭で育った子どもは実際将来薄毛になる可能性がないとは言い切れないのが事実です。

一見無関係に思えそうな子供と薄毛の関係ですが、界面活性剤によって子供が薄毛になってしまう可能性があります。

特に知られているのがラウリル硫酸Naやラウレス硫酸ナトリウムという合成界面活性剤です。
子供を薄毛から守るにはどんな界面活性剤が良いのでしょうか?

水の性質によって合成界面活性剤が使われている

一般的に硬水で石鹸はうまく泡立てることが出来ません。

それに対し、ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naは硬水や軟水に関わらず、泡立ちが良く、指通りも良いというメリットがあります。

また合成界面活性剤は石鹸と比較すると少量でも強い洗浄効果が期待出来ますし、マイナスイオン界面活性剤なので、プラスイオンの汚れや皮脂を吸着することが出来ます。

子供には合成界面活性剤の刺激は強すぎる

しかし小さな子どもや敏感肌の子供には、このような合成界面活性剤は刺激が強く、かゆみ、炎症と言うトラブルを起こしかねません。

特に議論に上がっているのがラウリル硫酸Naです。
分子が小さいので毛穴などから皮膚に浸透しやすく、様々な皮膚トラブルを起こすと言われています。

さらに脱脂力も強いため、皮膚を保護しているバリア機能も除去してしまいます。
頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまうんですよ。

皮膚がデリケートな子どもには避けるべき

ラウリル硫酸Naは合成界面活性剤のうちの1つで、市販のシャンプーをや歯磨き粉、ボディソープなど多くの商品に使われているものです。

合成界面活性剤のメリットとデメリット

メリットは泡立ちがよく洗浄力が強い、そして脱脂力が強く比較的リーズナブルなことがあげられます。

デメリットとしては粒子が細かいために皮膚に浸透しやすく、洗浄力が強いので、頭皮を乾燥させやすく、かゆみなどの刺激を与えやすいことがあげられます。

ですから合成界面活性剤は強い洗浄力、脱脂力があることが分かります。
頭皮の皮脂量が多い人が使う分には問題ないでしょう。

子供は頭皮トラブルを起こしやすいので要注意

しかし皮膚がデリケートな子供が使う場合は避けたほうが良い成分です。

フケ症や抜け毛を起こす可能性があるからです。
異常があった場合はすぐにシャンプーを切り替えるべきでしょう。

無添加石鹸シャンプーがお勧め

子供用ベビーシャンプーなどが多く販売されていますから、もし子供が薄毛にならないためにはそのようなシャンプーを使うのも1つの手段でしょう。

天然由来成分の緑茶成分やヒアルロン酸が配合されたベビーシャンプーはたくさんあります。

最も安全なのは無添加の石鹸シャンプーです。
石鹸シャンプーも色々な種類が販売されていますが、その洗浄成分の濃度もそれぞれ異なります。

濃度が高くても安全性には問題ありませんから、試してみて、子供に合ったシャンプー選びをしましょう。

リンスの合成界面活性剤や香料にも注意

またリンスの香りの強いものは避けたほうが無難です。
エチルバニリンなど毒性の強いものが配合されていることが多いからです。

リンスにも多くの合成界面活性剤が配合されています。
髪の毛をしなやかにするため、ベヘントリモニウムクロリドと言う界面活性剤は皮膚障害を起こる可能性が高いと言われています。

防腐剤や殺菌剤に使われている界面活性剤も、アレルギー性皮膚炎を起こす可能性があると言われています。

リンスやコンディショナーを選ぶ場合にも界面活性剤の有無、香料や着色料、防腐剤や殺菌剤が含まれないものを選ぶようにすると、子供の抜け毛にも安心出来るでしょう。

まとめ

子供でも薄毛になってしまう可能性がある界面活性剤は大人でも薄毛になる可能性がありますから、末恐ろしいものですね。

今使っている子どものシャンプーは大丈夫でしょうか?
今一度チェックする必要がありそうですね。

もし界面活性剤で合成界面活性剤を使ったものがあるのなら、今すぐにでも石鹸シャンプーなど天然由来のシャンプーに切り替えたほうが無難でしょう。

選び方としては界面活性剤で選ぶことが出来ますから、パッケージの裏面をチェックして、大丈夫かどうかを判断しましょう。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング