更年期の女性におすすめの育毛サプリメントの特徴と成分

更年期は女性ホルモンの分泌の減少など、薄毛になりやすい時期ですね。
更年期に差し掛かり薄毛が気になりだしたら、早めにサプリメントなどを使って育毛を始めることをおすすめいたします。

では、更年期の女性に効果があると言われているサプリメントの成分についてみてみましょう。

更年期の薄毛の原因とは?

更年期とは個人差はありますが、だいたい40代ごろから始まると言われています。
これは閉経に向けて身体が変化していく時期と言えるでしょう。

更年期には様々な体調不良が起こる

平均としては、閉経の前後十年間くらいの時期を更年期と呼んでいます。
更年期に差し掛かると身体のいたるところに不調が生じます。

身体的には頭痛やめまい、食欲不振、胃のもたれ、ホットフラッシュと呼ばれる大量に汗をかく症状などがあります。
精神的にも不安定になりやすく、やる気を失い常に倦怠感を感じるようになる人もいます。

薄毛は更年期症状の一つ

更年期の薄毛もそのような症状の一つです。

女性ホルモンの分泌が減少することによって、発毛に必要なエストロゲンなどが不足し薄毛を促進してしまいます。

更年期の脱毛を軽減し育毛に効果のあるサプリメントにはどのようなものがあるのでしょうか。

更年期の薄毛におすすめのサプリメントとは

前述したように更年期の女性の薄毛の主な原因は女性ホルモン、特にエストロゲンの不足が原因と言われています。

ですから、更年期の薄毛にはエストロゲンの役割を果たすサプリメントが必要となるのです。

大豆イソフラボンに注目!

多くの育毛サプリメントにはエストロゲンと同じ働きをするイソフラボンという成分が入っています。
イソフラボン、特に大豆イソフラボンはもともと大豆製品の中に含まれている成分で植物性エストロゲンとも言われています。

最近の研究でイソフラボンは腸に届くと、腸内に常駐する最近によってエクオールという物質に変化し、より強くエストロゲンと同じ効果を上げることがわかっています。

ただ人によっては、うまくエクオールに変換できない体質の人もいるようです。
けれど、エクオールは大豆製品を食べることで増やすことができることもわかっているのです。

ですから普段の食事に納豆や豆腐などの大豆製品を積極的に取り入れるようにしましょう。
イソフラボンをエクオールに変換することができる人は、更年期の症状も軽く済むという研究結果も出ています。

エストロゲンは毛髪を作る際に欠かせない成分の一つですので、サプリメントによって大豆イソフラボンを飲むことによって発毛が促されます。

更年期症状の緩和にも役立つ

また、イソフラボンには薄毛以外にも更年期特有の症状を和らげる効果があります。
身体のほてりや、精神的なイライラ、動悸、骨粗鬆症、肥満などに効果があるとされているのです。

ですから、薄毛の改善だけでなく更年期を少しでも楽に過ごしたいと考えている人には、イソフラボンはおすすめのサプリメントです。

またイソフラボンは豆腐や納豆、豆乳などからも摂取することができますので、食生活に気をつけることでより効果が高くなるでしょう。

プエラリアミリフィカについて

大豆イソフラボンと同様にプエラリアミリフィカという成分がエストロゲンと同じ効果を持っていると言われています。
プエラリアミリフィカはマメ科の植物で、タイやマンミャーなどの山岳地帯に自生しています。

もともとはバストアップなどの美容効果やアンチエイジングの働きもあることが知られています。

過剰摂取には十分注意!

また大豆イソフラボンと同じように、更年期の様々な症状を抑えてくれる働きもしてくれるのです。
プエラリアミリフィカに含まれているイソフラボンの量は大豆の数十倍とも言われています。

しかしイソフラボンは量が多ければ効果も高くなるというものではありません。

規定の量以上を摂取してしまうと逆にホルモンバランスが崩れ、様々な症状が出てしまうのです。

ですからプエラリアミリフィカを更年期の薄毛治療に使う場合は、過剰摂取には十分気をつけることが必要となってきます。

まとめ

女性ホルモンの分泌が減少することで更年期の薄毛が始まります。
本来ならば初期の頃から女性ホルモンを補うケアを始めることが理想的ですが、更年期障害は自分でも気がつかないうちに始まっていることが多いのです。

ですから40代にさしかかってからは体調の変化に気をつけて、更年期特有の症状を抑えるために早めに対処するようにしましょう。

更年期の薄毛に必要な成分として代表的な成分はイソフラボンです。
更年期特有の様々な不快な症状を抑えるためには必要不可欠な成分と言えるでしょう。

多くの育毛サプリメントにはイソフラボンが含まれています。
ホルモンバランスを整えることは根気のいることですが、ストレスを感じないよう気長に症状の緩和をしてみましょう。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング