育毛サプリメントを飲んだら気持ち悪くなった場合の対処法

育毛サプリメントを飲んだところ気持ちが悪くなってしまったと感じる人がいます。
サプリメントと飲む人の体質によっては、相性が悪いことがあるからです。

実際に飲んでみないとわからない副作用のため、育毛サプリメント全体にネガティブな感想を持ってしまうケースもあります。

そういった場合、どのように対処をすればいいのでしょう。
育毛サプリメントを飲んだ場合の、吐き気や胃のムカムカなどについて調べてみました。

育毛サプリメントを飲んだら気持ちが悪くなった原因

育毛サプリメントを飲んで気持ちが悪くなってしまったケースでは、原因として考えられることがいくつかあります。

亜鉛が配合されていた場合

まず成分の中に亜鉛が含まれているサプリメントの場合です。

亜鉛は育毛には欠かせない成分ですが、過剰摂取には十分に気をつけなければいけない成分でもあります。

亜鉛の過剰摂取をしてしまうと急性亜鉛中毒になってしまう恐れがあるからです。
その結果、吐き気を催したり気持ちが悪くなったりすることが考えられます。

ビタミンが配合されていた場合

また、各種ビタミンも同様な症状を起こす原因になります。
ビタミンの中には過剰摂取した場合、体外に排出されずに体内に残ってしまうものもあるからです。

空腹時だった場合

また空腹時にサプリメントを飲むことで、胃が荒れてしまうことも挙げられます。

気持ちが悪くなったらどのように対処したらいいの?

天然由来のサプリメントを選ぶ

育毛サプリメントの中には天然の成分ではなく、合成された成分ばかりでできているものがあります。
その場合、合成サプリメントと飲む人の体質の相性が悪い場合にも気持ちが悪くなってしまうことがあります。

そういった症状は人工合成の亜鉛が使われているサプリメントを飲んだ時に起きることが多いのです。

体質的に合成成分のサプリメントとは相性が悪いと感じた時は、サプリメントを選ぶ際になるべく天然成分由来のものを選ぶようにしましょう。

海外製サプリメントは避ける

そして、気持ちが悪くなるタイプの人は、できるだけ海外製のサプリメントは避けるようにしましょう。

海外で作られた育毛サプリメントは、日本よりも緩い基準で作られていることが多く、一見効果が高いように思いますが副作用もきつい場合が多いのです。

また海外で作られたサプリメントは、日本製のサプリメントよりも安価で売られている場合が多いので、海外製のサプリメントを購入する人も少なくありません。

薬ではないといっても身体の中に取り入れるものですので、購入の際は成分を確認するなど慎重に選びましょう。

育毛サプリメントを購入する際の注意点

前述したように育毛サプリメントを選ぶ際に海外で生産されたものは避けた方が良い理由はいくつかあります。

日本人と体質が異なるので海外製は避ける

男性を例にとってみると、日本人男性は一日の亜鉛摂取量は10mg~45mgと言われています。
アメリカを例にとると、アメリカでは一日の亜鉛の摂取量の目安は50mg~100mgと言われています。

体格に違いがあるのでこのような結果になったのでしょう。
けれど日本人男性の基準量の二倍というのは、明らかに多すぎる量となっています。

このように海外の基準で作られたサプリメントを毎日摂取することで、亜鉛の過剰摂取が起きてしまいます。

食生活での栄養バランスも考慮する

また国産のサプリメントを飲んでいても気持ちが悪くなるケースもあります。
その場合は、日常の食生活ですでに十分な亜鉛を摂取しているケースが考えられます。

亜鉛が多く含まれている生牡蠣を見てみると、100gあたり13mgほどの亜鉛が含まれています。
一日に必要とされている亜鉛の量は10gですので、生牡蠣を数個食べれば必要な亜鉛は摂取できてしまいます。

日常的に食べ物から亜鉛を摂取している場合は、あえて亜鉛の含まれたサプリメントを飲む必要はありません。
亜鉛の摂りすぎのために、気持ちが悪くなったり吐き気がすることがあるからです。

まとめ

育毛サプリメントを飲んで吐き気がしたり気分が悪くなったと感じる人は少なくありません。
そういった場合の対処法としては、なるべく外国産のサプリメントは避けるようにすることと、亜鉛の摂取量に注意することです。

育毛サプリメントを購入する際には成分をよくチェックしてから購入するようにしましょう。
特に亜鉛の含有量は必ず確認するようにしましょう。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング