更年期女性に起こりやすいストレスと薄毛の関係

更年期女性の問題であるストレスですが、薄毛とどう関係があるのでしょうか。
更年期と言えば45歳から55歳までに起こりやすい女性特有の症状のことです。

ホットフラッシュや冷え、悪寒など、様々な症状が現れますが、個人差があり、酷い人は寝込むほどです。
そんな更年期ですが、女性が薄毛になってしまうのも更年期の特長の1つです。

その原因にストレスがあります。
一体何故ストレスは更年期薄毛の原因になるのでしょうか。

どうしても溜まるストレス

更年期に入る女性にのしかかってくる問題の1つに、ストレスがあります。
そのストレスはどこから来るのでしょうか。

それは生活環境の変化にあります。

子供が自立する、また働いている女性なら地位があがり職場の環境も変化することでしょう。
部下をまとめることもしなければなりませんし、それなりの重要な責任を負うことになります。

ストレスを自覚できずに薄毛になる

このような環境の変化によって大きく心に影響を及ぼします。
自分で気づかないうちにストレスを溜めている女性も大勢いるんですよ。

このストレスにより、より更年期が酷くなったり、その更年期により薄毛が進行することになります。

ストレスが溜まると自律神経が乱れる

ストレスが溜まると一体体にどんな変化が起こるのでしょうか?
それは自律神経の乱れです。

更年期は体調を崩しやすいだけでなく、体の自律神経にも影響し、乱してしまうこともあるようです。

自律神経は様々なサイクルを司っているものですから、ヘアサイクルにももちろん大きな影響を与えてしまいます。

ヘアサイクルが正常でなくなると休止期、成長期、退行期と言った正常なヘアサイクルが保てなくなり、薄毛が進行してしまうのです。

ですからストレスが溜まると更年期女性の薄毛が進行すると言われているんですよ。

おすすめのストレス発散方法

ストレスは更年期女性の薄毛にとって大敵だと言いましたね。
ですからストレスは出来るだけ溜めないようにし、その場で発散しましょう。

ストレス解消法が分からないという場合は、美味しいものを食べたり、カラオケで大きな声で歌ったりするとストレスが発散されます。
また映画を見る、読書をするなど自分の好きなことにのめり込むのも、一種のストレス発散法です。

普段からストレスを溜めない対策を立てておく必要もあります。
適度な運動やストレッチだけでもストレスの発散になりますから、1日1回寝る前に行ってみるのも良いでしょう。

血管を収縮させる

またストレスを溜めることにより、血管が収縮します。
すると当然ながら血行不良が起こってしまうのです。

血行不良になると頭皮に血液がうまく届かなくなり、結果的に頭皮に必要な酸素と栄養が届かなくなります。

知っている人は知っているかもしれませんが、毛根に酸素と栄養素が届かなければ毛を作ることが出来ません。
新しい毛が生えてこなければ当然薄毛になるわけです。

イライラすることや辛いことなどがあった場合は、その場で発散してしまいましょう。

発散方法は人によって違いますから一概には言えませんが、自分なりのストレス発散方法を考えてみましょう。

更年期はストレスを溜め込みがち

更年期女性の薄毛にストレスは大敵です。
ストレスを感じている時には、何もかも忘れて眠ってしまうのも良いでしょう。

成長ホルモンの分泌も促進され、心身の疲労を癒すことも可能です。
更年期は自分の体も心も弱くなりがちですから、ついそわそわしがちです。

自分のための時間を作り、労わることが必要です。

まとめ

更年期女性の問題となるストレス。
生活環境が一変することにより知らないうちに溜まってしまうことが多いようですね。

子供の成長や職場の立場、更年期特有の症状でもストレスを感じる女性は多いはずです。

ストレスを感じないと思っている女性でも、実はストレスが溜まっていることもありますから、何か違うなと思った時にはその場で解決していきましょう。

ストレスフリーの生活が、更年期女性の薄毛の進行を食い止めてくれます。
出来るだけ自分のペースで生活習慣を送ることが出来るように努めてみましょう。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング