更年期女性の薄毛は間違ったシャンプー方法が原因に!

あなたは自分のシャンプーの仕方に自信を持っていますか?
ヘアサロンで受けているシャンプーは気持ちいいものですが、あれは他人がシャンプーをしているからだと思っていませんか?

実はシャンプーにも正しい手順があったんですよ。
実はシャンプー方法の間違いによって更年期の女性の薄毛を進行させていることも多いのです。

ここでは正しいシャンプーの方法を学び、更年期の女性の薄毛防止に努めていきましょう。

シャンプーの選び方は合っているかどうか?

自分の頭皮や毛髪に合っているシャンプーを皆さんはご存知でしょうか?
これを知らないままに合わないシャンプーを使っていると、更年期の薄毛も治るものも治りません。

薄毛に悩んでいる女性は、これを機会に今一度、自分の使っているシャンプーを見直して、シャンプー選びをしてみましょう。

成分を確認しましょう

シャンプーを購入する際には必ずパッケージの裏をチェックするのを忘れずにすることも大切です。

使われている洗浄成分によって、薄毛を進行させる、予防するなどの原因が分かるからです。
最も良いのはアミノ酸系の肌と同じ、弱酸性のシャンプーが更年期女性の薄毛には良いでしょう。

強い洗浄力を持ったシャンプーは皮脂を取り過ぎる危険性がありますし、そうすると頭皮が乾燥してふけや抜け毛の原因になり、ますます更年期女性の薄毛を加速させることになります。

ですから潤いを重視したシャンプーを選ぶことをお勧めします。
ノンシリコンのシャンプーもお勧めですよ。

シャンプーの仕方は合っているかどうか?

基本的なシャンプーの仕方をあなたは知っていますか?
自己流で洗っている女性も多いはずです。

なんとなくこれでいいのかな、合っているはず、と思ってシャンプーを毎日続けている女性も多いようですね。
しかし更年期の薄毛女性にとってシャンプーの仕方は大問題です。

シャンプー方法の間違い1つで薄毛が進行してしまうのです。

正しいシャンプー方法

基本的なシャンプーの仕方としては、始めにお風呂に入る前にブラッシングをしましょう。
髪や頭皮についた汚れ、ほこりを浮かせて取ります。

そしてぬるま湯だけで髪の汚れをいったん取り除きましょう。
この際、地肌までしっかり濡らすことが注意点です。

よく表面だけを濡らしてシャンプーを泡立ててしまう女性も多いのですが、地肌までしっかり濡らすことにより、シャンプーの泡立ちもよくなります。

頭皮までしっかりぬるま湯で濡らすようにしましょう。
そして水気を若干切っておきます。

実は水気が多すぎるとシャンプーが泡立ちにくいのです。
そしてシャンプーは必ず手に取り、手で泡立ててから頭皮に乗せてトリートメントするように洗うようにしましょう。

そのまま直にシャンプー剤を頭皮に乗せて泡立てて洗う人が多いですが、更年期の薄毛女性のデリケートな頭皮には向いていませんし、基本的なシャンプーの仕方とは全く異なります。

すすぎは時間をかけてしっかりと

シャンプーのすすぎですが、シャンプーした倍の時間をかけてすすぎをするのが一番です。
すすぎ残しは毛穴詰まりを起こしますから、更年期女性の薄毛をますます増殖させてしまいます。

シャンプーは夜がおすすめ

さらにタイミングも大切です。

朝にシャンプーをしているという女性もいるかもしれませんが、シャンプーをするタイミングとして適しているのは夜です。

1日の汚れをいったん拭い去るのが夜だからです。
毛髪の成長と深く関わっている成長ホルモンは、夜に分泌されますから、その際に頭皮が清潔でなければならないという理由もあります。

ですから朝シャン派の女性は薄毛が気になりだしたら夜にシャンプーを行うようにしましょう。

まとめ

シャンプー方法は多々あれど、基本的なことを守っていれば薄毛には効果が期待できそうですね。
さらにベタつきが気になってもシャンプーは1日に1回を目安にしておきましょう。

頭皮に必要な油分を全て奪い去ってしまうと、さらに皮脂が過剰分泌され、ギトギトになってしまうからです。
これも更年期薄毛の原因の1つになります。

シャンプーの仕方1つで更年期女性の薄毛の進行度合いも決まりますから、基本的なシャンプーの仕方は覚えておくと良いでしょう。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング