更年期女性の薄毛に使用する場合は注意が必要なミノキシジル

ミノキシジルと言う成分を聞いたことはありますか?
男性の育毛剤によく含まれている成分ですが、ミノキシジルは更年期女性の薄毛にも活用出来るのでしょうか?

もし使うとなれば、注意すべき点などはあるのでしょうか。
本来ミノキシジルは薬の名前ではなく成分名です。

血管拡張効果が認められており血流を促進させ栄養を頭皮に届くことが容易になることから育毛剤へと使われています。
女性でも使えるものであれば使いたいものですね。

ミノキシジルとは一体何?

ミノキシジルとは一体どんなものなのでしょうか?
本来血管拡張作用を持った薬品で、高血圧症の患者さんへの降圧剤として元々は使われていたようです。

その後、副作用として多毛が見られたため、育毛の治療薬として活用されるようになりました

ミノキシジルがもたらす効果

ミノキシジルは毛乳頭細胞に働きかけ、アデノシンというものを分泌させる作用を持っています。

このアデノシンは生命内成分と言って、人間の頭皮などに存在しているものです。
発毛、血行促進などの作用が認められると言われている成分なんですよ。

ミノキシジルは血管拡張作用により、頭皮の血流を促し、発毛成分の分泌を促すというところから、薄毛の治療に役立てられています。

女性に使えるミノキシジル

FAGAという女性男性型脱毛症というものがありますが、ミノキシジルはそんな脱毛症に効果が期待出来るとされています。
ですから女性でもミノキシジルの効能を享受することが出来ると言うわけですね。

FAGAは、更年期女性の薄毛に対する呼び名で女性ホルモンのバランスが乱れることにより起こる脱毛症のことです。
薄毛で悩む女性の多くはこのFAGAだと言われています。

更年期女性の薄毛の原因が男性ホルモンの影響でない、ストレスやダイエットの場合は、ミノキシジルの効果を期待することは出来ません

ですからもしミノキシジルを使おうと思っているのなら、自分の薄毛の状態を知る必要があります
ただ、FAGAは女性ホルモンの分泌の影響が強いため、女性ホルモンの分泌を促すことが一番とされています。

医師や薬剤師に相談してミノキシジルの検討を

ミノキシジルが配合されている薄毛の治療薬と言えば、育毛剤などがありますが、ミノキシジルが主成分となっている薬剤、内服薬などもあります。
この内服薬は医薬品ですから、医師の診察や治療を必要とします。

外用薬として育毛剤などに含まれているものは、市販されているものもありますから、一度検討してみても良いでしょう。

女性用かを確認しないと副作用も

育毛剤などにミノキシジルが含まれている場合、必ずその育毛剤が女性用か男性用かをしっかりチェックする必要があります。

その違いはミノキシジルが含有されている濃度です。

女性の場合、ミノキシジル濃度が例え低くても、充分な発毛効果を見ることが出来ると言われているからです。

副作用のリスクに注意!

もし含有量が多いミノキシジルの育毛剤を使った場合、副作用として、体毛が濃くなるなどの症状が出てしまいますから、注意が必要です。

さらに血管拡張作用もあるミノキシジルですから、心臓疾患や高血圧、さらには低血圧の症状を持っている女性は医師と相談してからミノキシジルを使用するようにしましょう。

また、使用し始めて1か月から2か月ほど、抜け毛が大量に出る場合があります。

これは副作用ではなく、初期脱毛と呼ばれるもので、休止期だった毛髪が、成長してきた毛に押し出されることを言いますから、安心しましょう。

まとめ

副作用もあるミノキシジルですが、使い方を誤まらなければ更年期女性の薄毛にも非常に有効な手段となります。
発毛に対しては、一度毛が抜けてから次に生えてくるのを待つ必要がありますから、一定の期間はかかります。

ミノキシジルの使用を開始して、およそ1年ほどでピークを迎えます。
ですから自分の意志でその時に治療を中止するか継続するかを決めましょう。

主に男性に使われるミノキシジルですが、女性でも使うことが出来ますので、女性用と記されたものを使っていれば安心して使用することが可能です。
副作用なども気になるところですが、用法用量を守っていればその心配もないでしょう。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング