イソフラボンが更年期女性の薄毛改善に効果がある理由

イソフラボンとは大豆に含まれる、女性ホルモンに似た成分のことです。
このイソフラボンは更年期の女性の薄毛対策に効果が期待出来ると言われています。

それは一体何故なのでしょうか?
大豆製品をよく食べることも良いですし、イソフラボンをサプリメントで摂るのも薄毛対策に良いと言われています。

女性の更年期薄毛とイソフラボンの関係を見ていきましょう。

女性ホルモンと似た働きをするから

女性ホルモンにはエストロゲンと言うものがあります。
大豆イソフラボンには、このエストロゲンと近い働きをする作用があるのです。

更年期の女性の悩みに一役買ってくれるものです。

女性ホルモンと似た成分が体内で増えるため、更年期の薄毛予防や毛髪の健康などにも繋がっていると言われています。

男性ホルモンを抑制して薄毛の原因を改善する

女性にも元々男性ホルモンが存在しますが、イソフラボンはそのような男性ホルモンを抑制し、薄毛の原因を除去してくれるんですよ。
ですからイソフラボンは更年期の女性の薄毛の助けになってくれると言われているのです。

イソフラボンを豊富に含むものとは?

大豆イソフラボンは毎日の食事から摂ることが出来ます。
古くから日本人が摂ってきた食事メニューの中でも、大豆製品によく入っているようですね。

大豆製品で特に納豆がおすすめ

1日の摂取目安は70~75㎎と言われています。

納豆なら1パック食べるだけでおよそ1日のイソフラボンを摂取することが出来ます。
朝食がご飯派だ、という女性は朝食メニューに納豆を加えると、1日分のイソフラボンを補うことが出来ます。

さらにその他豆乳などの大豆を含む飲み物にも、イソフラボンは多く含まれています。
また、豆腐やきな粉、味噌などにも含まれています。

この中でも比較的毎日摂りやすいのが納豆で、発酵食品と言うこともありますから、健康効果も期待出来ます。
価格も安価ですし、出来れば毎日でも食べたい食材です。

イソフラボンの摂取目安量

イソフラボンが更年期障害や更年期の薄毛に効果が期待出来ると分かったところで、1日の摂取量は一体どれくらいが適切なのでしょうか?

実際、食事から大豆イソフラボンを摂取する場合、あまり注意する必要はないと言います。
豆腐や納豆1パックなら大豆イソフラボンは50㎎摂ることが出来ます。

摂取量は少なすぎると効果を得ることが出来ないかもしれませんが、摂り過ぎには注意が必要なのがイソフラボンです。

特にサプリメントでイソフラボンを摂取する場合、逆に女性ホルモンバランスを乱す可能性があるからです。

サプリメントの場合は1日30㎎の摂取が望ましいとされていますから、これを守るようにしましょう。

また妊娠中の女性、15歳未満の子供もイソフラボンをサプリメントで摂取するのは望ましくないと言われています。

万が一過剰摂取した場合は、副作用として乳がんにかかる率が高くなったり、胃腸の具合が悪くなるなどの症状が起こります。

研究によって検証済みのイソフラボンの効果

実はイソフラボンは体内の環境変化に応じて女性ホルモンと似た作用をすることが、研究によって検証済みなんですよ。
男性ホルモンの抑制、そして毛髪に良くない原因の成分を防ぐことが出来るのです。

女性ホルモンと似た働きをすると言うことは、それによって疾病予防にも効果が期待出来ると厚生労働省の研究でも検証されています

カプサイシンとの併用がおすすめ

育毛研究の場でもカプサイシンとの相乗効果によって育毛効果が期待出来ると言われています。
ですからイソフラボンは更年期の薄毛改善に効果を期待出来る成分だと言って良いでしょう。

まとめ

イソフラボンは大豆製品から手軽に摂ることが出来ます。

豆乳なら牛乳がわりに飲むことが出来ますし、納豆も1日3食の食事のうち1食に入れると良いですね。
また豆腐なども食事に摂りいれやすい食材の1つです。

過剰摂取が気になりますが、それはサプリメントの場合のみで、大豆製品をいくら食べてもそれは過剰摂取にはならないようです。
ですから毎日でも大豆製品を食べたいものです。

更年期に入る前から積極的に大豆製品を食べておき、更年期の薄毛や抜け毛対策をしておきたいものですね。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング