薄毛に悩む更年期女性におすすめの育毛剤の特長と効果

薄毛に悩んでいる更年期の女性は一体どうしたら髪を取り戻せるのでしょうか?
それにはいくつかの選択肢があります。

育毛サロンや育毛シャンプー、育毛剤です。
中でも育毛剤は市販でも広く広まっていますし、インターネット上でもよく取り扱われています。

育毛シャンプーも毎日続けるにはよいですが、ここでは育毛剤を取り上げて見ていきましょう。
更年期の女性が使うべき育毛剤は、どのようなタイプのものが適切なのでしょうか?

女性ホルモンをサポートするもの

更年期女性は女性ホルモンが減少して、それによって薄毛が起こります。
ですから女性ホルモンを補ってくれる育毛剤が適していると言えますね。

完全に補うことは出来ないかもしれませんが、減る量を抑制出来れば抜け毛、薄毛は緩やかになっていきます。
薄毛の進行も食い止めることが出来るでしょうし、女性ホルモンを補うことにより体のバランスも整っていきます。

では、どのような成分が含有されている育毛剤が、女性ホルモンを整えてくれるのでしょうか?

女性用育毛剤におすすめの成分

それには大豆イソフラボンをはじめ、プラセンタやビタミンB6、ビタミンEやヒオウギエキスなどがあります。
さらにはザクロエキスなども有名です。

このような成分は女性ホルモンの分泌に関わっている成分であったり、構造が似ている成分なんですよ。

ホルモンに作用するのであれば副作用もあるのでは、と心配する女性も多いでしょうが、殆どが自然由来のものですので、その心配をする必要はありません

頭皮や髪に負担が少ない育毛剤を選ぼう

ホルモンバランスを整えてくれる成分を含んだ育毛剤は、更年期女性にとってよい育毛剤だと言えますね。
ただ、それだけでは良い育毛剤とは言えません。

女性の肌はとてもデリケートですから、頭皮も同じくデリケートな存在です。

頭皮や髪に負担をかけないような育毛剤を選ぶようにすることも必要なんですよ。

例えばアルコール成分などは殺菌作用や防腐剤、成分の溶解や浸透率をアップさせるなどの有益な役割を持っています。

毎日使うものだからこそ安心できるものを選ぶ

しかし、育毛剤にその含有量が多ければ多いほど、頭皮への刺激やかぶれ、ただれやべたつきの原因になってしまうんですよ。
特に敏感肌の女性は注意が必要です。

育毛剤は毎日続けて使うものですから、出来るだけ低刺激のものを選んだほうが無難だと言えます。
トラブルを心配せず、毎日使うことが出来ますね。

女性専用で刺激の少ない育毛剤では、アルコール含有率はおよそ20%前後、男性で多い物では70%のものがあると言われています。

出来ればアルコール不使用の育毛剤が良いでしょう。

効果を重視すること

育毛剤を使っていて、嫌なニオイがするのであれば、毎日続けることは難しいでしょう。
特に女性はニオイに敏感ですから、良い香り、もしくは無香料のものが良いですね。

さらに効果を重視することも大切です。
価格の安さなども気になりますが、育毛剤は抜け毛を減らす、薄毛改善のためのものですから、効果がなければ意味がありません。

血行促進効果が期待できるもの

血行促進などの効果を期待出来る成分が配合されているものも有効な育毛剤です。
例えばセンブリエキスやカプサイシン、ニンジンエキスやヒキオコシエキスなどです。

基本的に血管を拡張させる効果が期待できるもので、天然の成分であるものがお勧めです。

浸透しやすいもの

また頭皮の奥まで浸透する育毛剤が良いですね。
そこまで工夫されている育毛剤が効果を期待できます。

保湿効果と共に、育毛剤の粒子が細かい、毛穴の奥まで到達するものを選ぶようにしましょう。

まとめ

更年期女性にとって育毛剤選びは大変難しいものです。
しかし頭皮の血行不良やホルモンバランスの変化に着目すれば、それに特化した育毛剤を選んだほうが無難でしょう。

いくつになってもスキンケアをしないという女性はほぼ皆無であるように、頭皮ケアもスキンケアと同様対策をとるべきです。

薄毛に悩んでいる更年期女性にとっての育毛剤の特長、そして効果はこのように出来ていますから、上記を参考にして自分に合った育毛剤を選びましょう。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング