更年期女性の薄毛改善のポイントとなるヘアサイクル

更年期女性が薄毛で悩んでいることは多々あります。
そんな更年期女性のヘアサイクルはどうなっているのでしょうか?

若い頃と比べるとヘアサイクルは更年期女性は異なってきます。
男性と比較して頭が禿げることはないにしろ、ボリュームがなくなったり薄毛になり、地肌が目立つようになります。

そんな薄毛改善のためのヘアサイクルを元に戻す方法はあるのでしょうか?

ヘアサイクルとは?

ヘアサイクルとは一体何なのでしょうか。
毛周期とも呼ばれるヘアサイクルですが、生えて抜け落ちるまでのサイクルをヘアサイクルと呼んでいます。

ヘアサイクルの流れ

まず髪の毛が成長する成長期があります。
2年から6年の間に毛母細胞の分泌が盛んになり、髪の毛の9割が成長期になります。
この時期、髪の毛は1本1本太くコシのある髪になっていきます。

次に髪の毛の成長が減少する退行期を迎えます。
2週間ほどの間に毛母細胞の分裂が減少してしまい、成長スピードが遅くなるのが退行期です。
退行期を迎えると毛が伸びるのもストップしてしまうんですよ。

そして最後に休止期があります。
毛母細胞の分裂が完全にストップして毛が伸びなくなります。
3か月から4か月ほどで、この間に新しい毛を生やすための準備期間が取られます。

そして最初に戻り、成長期に入ると古い毛が抜け落ちていくのです。

これがヘアサイクルです。

ヘアサイクルが乱れると髪の毛もうまく生えなくなってくる

ヘアサイクルは正常であれば上記に述べた通りに成長し、退行し、休止の間に次の新しい毛を育んでいきます。

しかしヘアサイクルが乱れてしまうと、休止期に入って抜け落ちた毛がそのままになり、新しい毛を作ることが出来なくなってしまいます

これがヘアサイクルの乱れです。

更年期はヘアサイクルが乱れやすくなる

ヘアサイクルが乱れる原因は年齢によるもの、女性ホルモンの乱れによるものなどがあります。

更年期を迎えると女性ホルモンも乱れますし、年齢も重ねますから、2重でヘアサイクルが乱れることとなります。

それで薄毛が進行してしまうんですよ。

ヘアサイクルを元に戻すにはどうしたらいいのか?

では乱れたヘアサイクルを戻すにはどうしたら良いのでしょうか?

女性ホルモンの分泌を促す

まずは体内の女性ホルモンの分泌をサポートしましょう。

女性ホルモンと似た働きをしてくれる食べ物を摂ることで、女性ホルモンを体内に増やすことが出来ると言います。

例えば女性ホルモンを促す成分が含まれている食べ物は、ブドウやナシ、ナッツ類やわかめなどがあるようですね。
さらにイソフラボンを豊富に含む食材としては納豆や豆腐、ビタミンEやカボチャやにんにくなどがあります。

睡眠時間をしっかり確保する

さらに睡眠をしっかり摂ることもヘアサイクルを元に戻すための条件の1つです。
夜の10時から深夜2時までの間はゴールデンタイムと呼ばれるほど、成長ホルモンが分泌される時間帯です。

この間に毛髪も作られますから、ゴールデンタイムには質の良い睡眠をとっておく必要があります。

この時間帯にしっかり眠ることが出来れば、ヘアサイクルも戻りやすいと言われていますから、眠る前にはしっかり就寝の準備をして、充分睡眠をとるようにしましょう。

喫煙や飲酒の習慣も要注意

また、喫煙はヘアサイクルを元に戻すどころか百害あって一利なしですから、薄毛に気を配っているのであればやめるようにしましょう。

アルコールも適量であれば良いですが、過度な飲酒はヘアサイクルを乱すのでやめておきましょう。

まとめ

このようにヘアサイクルは更年期女性の薄毛と深い関りがあります。
一度乱れたヘアサイクルを元に戻すのは大変なことですが、毎日の積み重ねで元に戻していくことは可能でしょう。

難しいのであれば育毛剤なども一緒に併用し、食生活や生活習慣にも気を配ってみるのも良い手段でしょう。

ヘアサイクルを元に戻すことが出来れば、成長期になると毛は生えてきますし、休止期になっても毛を生やす準備をしてくれます。

そのためにはいつもの生活が健康的でなければなりません。
更年期に入ったからと言って、薄毛だからと諦める必要はないんですね。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング