更年期女性が薄毛対策で意識したい食べ物やメニュー

更年期女性が意識して食べたいメニューや食べ物とは一体何があるでしょうか。
薄毛を改善する、これ以上進行させないためにはどんな食べ物をメニューに取り入れるべきなのでしょうか?

人間の体は外から摂りいれる食べ物で成り立っていますから、その栄養素がしっかりしていなければ髪の毛も当然ながら生えてきません。

ファストフードやカップ麺ばかりに頼っている食生活を、今見直して、お惣菜でも良いので、育毛に良い栄養素がたっぷり入った食生活を送りましょう。

薄毛に効果的と言われている食べ物の共通点とは?

更年期女性の薄毛対策に効果的だと言われている食べ物に共通するものと言えば、何があるでしょうか?

髪の毛そのものになる栄養素を含んでいる食べ物

毛髪が抜けにくい頭皮環境を保ってくれる食べ物

毎日の食事メニューであまり摂れなかった食べ物を、この2点を踏まえて意識的に摂り入れるようにしていきましょう。

必要な栄養素をバランスよく食べる

積極的に補給したいのは、

  • 毛髪の元となるたんぱく質
  • たんぱく質が髪の毛になるのを助ける亜鉛
  • 頭皮の新陳代謝を高めてくれるビタミンB群
  • 頭皮環境を健康に保つビタミンAやC、E

を含んだ食べ物です。

これらを含んだメニューを毎日考えて食べることによって、薄毛を改善していきましょう。

薄毛に良い食べ物とは具体的にはどんなもの?

では具体的に薄毛に良い食べ物とはどんなものがあるのでしょうか。

薄毛対策におすすめの納豆

まずは納豆があります。
納豆は髪の毛の元になるたんぱく質が豊富です。

それに大豆に含まれているイソフラボンは薄毛の原因男性ホルモンテストステロンの分泌を抑制してくれます。
さらに新陳代謝を促進させるビタミンB2も豊富なので、頭皮環境を整える作用も持っているんですよ。

さらに納豆に含まれるナットウキナーゼという成分は血液サラサラ効果を期待出来ます。

血液がサラサラになれば、頭皮への血流も流れやすくなり、栄養素がたっぷり運ばれることになりますから、毎日でも摂りいれたい食べ物の1つです。

亜鉛を多く含む生牡蠣

さらに生ガキなども良いでしょう。
毛髪の主成分はたんぱく質ですが、毛髪になるためには亜鉛が必要になります。

その亜鉛を豊富に含むのが生ガキです。
亜鉛はレバーや魚介類などにも含まれますが、生ガキにはとりわけ多く含まれますから、毎日のメニューに取り入れるのは大変でしょうが、意識的に食べるよう心がけるようにすると良いですね。

美味しいメニューで薄毛対策に取り組もう!

薄毛対策にとその食べ物単体だけを食べていると物足りないものですから、出来れば美味しく食べたいものですよね。
そんな時に活躍するメニューをご紹介しましょう。

魚介類たっぷりカレー

まずは魚介類のカレーがあります。
牡蠣入りシーフードカレーなどはヘルシーで魚介の旨みもたっぷり出てくれる食欲のわくメニューの1つです。

エビやイカなどを入れるとたんぱく質が摂れますし、牡蠣を入れることにより亜鉛も摂取出来ます。
そこに薄毛対策にも良いと言われる緑黄色野菜などもたっぷり加えると、髪の毛に良いカレーの出来上がりです。

和食の定食メニューもおすすめ

また和食ならいわしを炊いたものをメインに、イソフラボンを豊富に含んだ高野豆腐や納豆を付け合わせに定食風にして食べると良いでしょう。

そこに緑黄色野菜でビタミンが豊富であるかぼちゃを、たんぱく質たっぷりのミルクで炊いたものをつけると、育毛に役立つメニューの完成です。

薄毛のために食べるだけでなく、目で見て、美味しく味わえるメニューを考えてみましょう。

まとめ

薄毛改善のために更年期女性が摂りたい食事は色々ありますが、特にたんぱく質や亜鉛、緑黄色野菜や大豆製品は積極的に摂りましょう。

甘いスイーツも時には良いですが、実は脂肪分泌を増やすことになりますから、頭皮環境を悪くする可能性があります。
スイーツを食べる時も栄養を考えて食べるとより良いですね。

薄毛対策にも色々ありますが、まずは食生活を見直してみましょう。
普段体に摂り入れているものから対策をしてみると、薄毛対策になる可能性を期待できますよ。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング