男性とは異なる更年期女性の薄毛に見られる特徴

男性の薄毛と女性の薄毛はどこが違うのでしょうか?
特に更年期に入ると女性は薄毛が進行すると言いますが、それにはどんな特長があるのでしょうか。

男性の薄毛と言えばハゲている状態をイメージしますが、女性の場合は髪の毛全体としてボリュームがなくなるイメージがありますよね。

同じ薄毛であるのに男性と女性、何故こうも違いが出るのでしょうか?
その原因を探っていきましょう。

びまん性脱毛症が特長の1つ

女性の場合、更年期になると抜け毛や薄毛で悩む人が多くなります。
実はこの薄毛の症状の多くは、びまん性脱毛症と呼ばれるものなんですよ。
女性型脱毛症とも呼ばれています。

更年期に限らず起こり得る脱毛症

びまん性とは広範囲に広がっている脱毛のことで、髪の毛全体のボリュームがダウンし、髪全体がスカスカになってしまうことを言います。

脱毛症状が頭髪全体に進み、全体的に薄くなるというのが特長の1つです。
分け目、つむじが目立ち、ボリュームがなくなったと感じるのは、このびまん性脱毛症によるものなのです。

更年期の女性でなくとも、常に引っ張ったヘアスタイルをしている人は、このびまん性脱毛症になりやすいと言います。

更年期の女性だけの問題ではないと言うことになりますね。
しかし多くの女性は更年期でこの問題を抱えてしまうのです。

びまん性脱毛症の特長とは

更年期障害の抜け毛は自律神経が乱れていることが主な要因とされています。
自律神経が乱れると、頭皮環境を荒らし、抜け毛を起こします。

継続して抜け毛が起こるとびまん性脱毛症と呼ばれてしまいます。

更年期とびまん性脱毛症を発症してしまうと酷い抜け毛が起こるようですね。

ブラッシングしただけでも大量に髪の毛が抜けてしまったり、髪を触れるだけでも脱毛してしまうこともあるようです。
シャンプーのたびに排水溝に大量に髪の毛が溜まると言ったことも多々あるようですね。

全体的にボリュームが無くなる

そして最も特長的なのは頭部が全体的に均一に抜けるということです。
ですからパッと見、老けて見えたり、髪全体がボリュームがない状態に見えてしまうのです。

しかし男性のように全く髪の毛がなくなってしまうことはないんですよ。

男性は頭頂部や前頭部の髪がなくなってしまうことがありますが、女性の場合はそうではありません。
残ってはいるけれども、その量が少なくなってしまうのです。

放っておくと抜け続けるが改善すると良くなることも

女性のAGAをFAGAと呼びますが、女性の脱毛症は毛髪が細く弱弱しくなり、全体的にボリュームダウンすることです。

男性型脱毛症は進行性であるため、放っておくと髪の毛は減り続けてしまいますが、女性型ではそのようなことはありません。

女性ホルモンは減少するものの、一定の量は分泌され続けているからだと言われています。

ホルモンバランスの安定を目指す

ですから女性ホルモンが減少した更年期の、ホルモンバランスが乱れて起こる更年期の薄毛には、ホルモンバランスを整えることが第一です。

大豆製品、イソフラボンを多く摂取して女性ホルモンを外部からもしっかり摂り入れるようにしましょう。

イソフラボンは大豆製品に多く含まれますから、普段から豆類や豆乳などを飲むなど工夫をしていくと、更年期薄毛の改善に繋がると考えられますね。

そしてストレスを減らすなどの工夫をして生活スタイルの改善を心がけると、進行速度はかなり遅くなります。

大切なのは栄養バランスのとれた食生活、イソフラボンを多く摂ることと、ストレスをためずに良質な睡眠をとることが一番なのです。

更年期にさしかかるとホットフラッシュやだるさなどが目につきますが、それよりもヘアケアにも力を入れて、自分自身を改善していきましょう。

まとめ

更年期女性の薄毛に見られる特長は、やはりびまん性脱毛症と呼ばれるものでした。
全体的にボリュームがなくなり、髪が細くなっていく症状です。

これをサポートするためには女性ホルモンを外部からも摂り入れることが最適でしょう。
またストレスを溜めないという点も見逃せない点ですね。

生活スタイルを今一度見直し、びまん性脱毛症を今よりも進行速度を遅くするための努力を開始しましょう。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング