更年期の女性が薄毛になりやすい原因

更年期の女性は何故薄毛になりやすいのでしょうか?
それは女性と女性の性ホルモンと密接な関係があるからです。

そのため老化により女性ホルモンバランスが大きく乱れてしまう更年期に差し掛かると女性の抜け毛や薄毛が起こりやすくなるのです。

更年期は女性の髪にとっても変化のある時期です。
全体的に髪が薄くなり、元気がなくなってきたと感じる人もいるでしょう。

一体それは何故なのでしょうか。

女性ホルモンとの関係

女性は更年期になると卵巣の働きが鈍くなってくるようです。
すると女性ホルモンエストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンの分泌が不規則になり、その分泌量も減少していきます。

そこで起るのが女性に元々ある男性ホルモンのジヒドロテストステロンの問題です。
この元々女性にあるジヒドロテストステロンは女性の更年期に関係なく減少はしません。

それにより女性ホルモンよりジヒドロテストステロンのほうが優位にたってしまうのです。

男性ホルモンが優位になると脱毛症が起こる

ジヒドロテストステロンが男性型脱毛症の原因になることは周知の事実です。

男性ホルモンが優位になった更年期女性にとって、男性型脱毛症に似た症状が女性にも現れてくるようですね。

ただ、女性の場合は男性とは異なり、前髪の生え際が後退したり、頭頂部のみが薄くなるという薄毛とは全く違う薄毛になります。

びまん性薄毛になりやすい人

更年期に差し掛かると、他の年代の女性でも発症するびまん性薄毛になりやすい状態になります。
この状態とは髪の毛全体のボリュームがなくなり、ぺしゃんとした印象になってしまうことを指します。

頭全体の髪が減ってくることをびまん性薄毛と呼んでいるんですよ。
他の年代の人では、常に髪の毛を後ろで結んで引っ張っている人が、比較的なりやすいと言われています。

びまん性薄毛とは頭全体に抜け毛が広がり、スカスカ薄毛の状態になったものを指します。
女性型脱毛症はびまん性脱毛症とも呼ばれているんですよ。

びまん性脱毛症は回復しやすい

このびまん性脱毛症は遺伝の影響の多い男性型脱毛症よりも、回復する可能性が高いと言われています。
食生活や睡眠など、日々の生活習慣を見直すことにより脱毛状態を抑制することも可能なようです。

外的ストレスも要因の1つに

更年期と言えば40代から50代に差し掛かると起こってくるものです。
子供のこと、自分のこと、両親の介護など、ストレスを溜め込みやすい時期でもあります。

持続的なストレスの強い時期はホルモンバランスが乱れる原因になります。
視床下部や脳下垂体などに影響を与え、ホルモンバランスを乱してしまうのです。

さらにストレスを感じると血管が収縮し、全身の血流も悪くなります。
頭皮への血行も悪くなり、栄養状態も悪くなっていきます。

そして薄毛へと繋がってしまうのです。

頭皮の血行が悪ければ当然、髪を成長させたり太くコシのある髪の毛を生やすことが出来なくなり、薄毛に繋がる可能性があります。

さらにホルモンバランスにも影響があるので、髪の成長に必要な女性ホルモンのエストロゲン分泌をさらに低下させることになるんですよ。

食生活の乱れも薄毛の原因に

食生活が乱れている人も要注意です。
更年期の女性は仕事や子育てもまだ中心の生活をしています。

毎日忙しいですよね。
忙しいと食事の準備をする時間も足りないと言う女性も多いでしょう。

そして栄養バランスが乱れ、体内に活性酸素が発生し、細胞にダメージを与えることになります。
毛髪を育てるにはバランスよい食事も必要なのです。

まとめ

女性の薄毛、更年期の女性は薄毛になりやすい、それはびまん性脱毛症というものでした。

食生活や睡眠を充分に摂ることで回復の見込みがあると言うことですから、更年期は大変な時期でしょうが、食生活の見直しや規則正しいリズムで過ごすことも必要でしょう。

ストレスを短期的にでも解消する方法を自分なりに見つけたり、適度にためないようにすることが大切です。
睡眠の質もストレスに関わってきますから、眠る環境を快適にすることも忘れないで欲しいですね。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング