女性の薄毛の原因にもなる!頭皮と美肌にも悪影響を与える紫外線

紫外線が強い季節と言えば夏をイメージする人も多いですが、実は1年中対策が必要と言われています。

その強弱にかかわらず肌を焼き、様々な影響をもたらすと言われている紫外線ですが、薄毛にも関係があるとしたら信じますか。

確かに紫外線の健康、美容被害についてはいろいろ言われていますから、信じると言う人もいるでしょう。
では具体的に紫外線と薄毛にはどのような関係があるのでしょうか、対策法も合わせて見てみましょう。

皮脂の分泌量が増えて薄毛に

紫外線は肌の乾燥を招きます。

これは肌の水分が紫外線によって奪われることに関係しており、乾燥した肌はバリア機能を弱めてしまいます

バリア機能が弱まると外部刺激を受けやすくなりますので、肌は別のもので自身を守ろうとします。
そこで代用されるのが皮脂です。

皮脂によって皮膚の上に膜を張り、紫外線からの影響を和らげようと言うのです。

過剰な皮脂が毛穴を埋めて頭皮環境を悪化させる

それでも紫外線対策を取らなければどんどん皮脂は分泌され、頭皮を覆いつくして毛穴を埋めてしまいます。

乾燥した状態でフケが増えるのも薄毛につながりますが、皮脂によって毛穴が埋められるとさらに頭皮環境は崩れてしまうのです。

健康な髪の毛が育ちにくくなるため薄毛は進行し、抜け毛も増えると言われています。

活性酸素による薄毛への影響

紫外線の影響として最近注目されているのが、活性酸素による美容健康被害です。

活性酸素は通常であれば細菌やウィルスを除去する働きを持っていますが、増えすぎると健康な細胞を攻撃します。

攻撃された細胞は酸化し、機能が衰えて老化が始まってしまいます。
髪の毛を作る毛母細胞が老化すると、細胞分裂がスムーズに行われにくくなります。

すると毛根がしっかり作られませんから、健康で丈夫な髪の毛が生えにくくなるのです。

抜け毛が増えて栄養が行き届かなる原因にも繋がる

さらに細くコシのない髪の毛は抜けやすいため、抜け毛が増える原因となります。

また活性酸素は肌のターンオーバーを乱し肌を乾燥させますので、フケが増えやすくなり抜け毛の原因を作ってしまうと言われています。

ほかにも血行が悪くなるため、必要な栄養素や酸素が行き渡りにくくなると言ったこともあるようです。

頭皮の紫外線対策

頭皮も紫外線から守ることが必要ですが、日焼け止めクリームを塗るわけにはいきません。

サプリメントで紫外線対策

ではどうすれば頭皮を紫外線から守ることができるのかと言うと、サプリメントタイプの日焼け止めです。
最近メジャーになってきているのが、焼け止めを塗ることができない目や頭皮を守るサプリメント日です。

紫外線によって生まれる活性酸素による酸化を防いだり、健康被害から守ってくれたりするようです。
海外では多くの方が取り入れていると言われており、日本でも流通してきています。

帽子や日傘で紫外線対策

他に対策法として知られているのが帽子です。
帽子をかぶれば頭皮を覆うことができますので、紫外線から頭皮を守ることができるでしょう。

選ぶときは首の後ろまでカバーできる、つばの広いタイプを選んでみてはいかがでしょうか。

ほかにもUVカット率の高い日傘など、頭皮の紫外線対策はそれほど難しくありません。
あなたがやりやすいと思う方法で、紫外線から頭皮を守り薄毛を予防してみましょう。

まとめ

頭皮は太陽光を真上に浴びる分、体のほかの部位より紫外線を浴びやすいと言われています。
美容室に行ったとき、美容師から頭皮が日に焼けていると指摘されたことがある方もいるでしょう。

特に髪の毛の分け目やつむじは、紫外線を浴びる面積が広い分影響を受けやすいと言われています。
そうすると皮脂の分泌量が増えたり乾燥したりすることで、分け目やつむじを中心に薄毛が目立つようになると考えられるのです。

予防するためには紫外線カット効果が期待できるサプリメントを利用したり、帽子や日傘でガードするのがおすすめです。

紫外線は夏だけ降り注ぐものではありませんので、強くなり始める春先から晩秋にかけて対策を取ってみましょう。
地域により差はありますが、冬でも紫外線が強い地域もありますので注意してみてください。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング