ヘアスタイルが原因で女性でも薄毛になる牽引性脱毛について

髪の毛の長い女性やいつも同じ髪型をしている女性に多いのが、牽引性脱毛です。
無理な力を髪の毛にかけることで発生するのですが、仕事柄いつも同じ髪型をしていると言う方も多いでしょう。

舞妓さんに多く見られると言われていますが、一般の女性にも見られる症状です。
以前はよくポニーテールをしているとはげると言われましたが、それこそ牽引性脱毛の典型的な症状です。

では具体的に牽引性脱毛とはどのようなものか、また対策法も2つほどチェックしてみましょう。

牽引性脱毛とは

牽引と言う言葉を聞いたことがある方もいるでしょう。

車の牽引でよく耳にしますが、髪の毛を同じ方向へ引っ張り続けることで起こる脱毛症です。

特に分け目や結び目に症状が見られ、海外の有名人も前髪や生え際に牽引性脱毛が起こったことで一時期注目されました。

牽引性脱毛の原因

原因はポニーテールなど同じ髪型を続けていることですが、髪の毛を強く引っ張るような髪型はどれも牽引性脱毛を引き起こします

そして最近問題となっているのがエクステです。
エクステは髪の毛の一部にメッシュを入れたり、髪の毛の長さを変えたりと様々な活用方法があります。

薄毛対策のために行っている方もいるようです。
ですがエクステは髪の毛だけではなく頭皮も傷つけますし、常に重力の方向へ髪の毛を引っ張っていますので抜け毛になりやすいのです。

ほかにも三つ編みや編み込みなどによるヘアアレンジ、カチューシャやヘッドアクセにお団子、ヘアアイロンなどが牽引性脱毛の原因となります。

髪の毛を強く引っ張る髪型を続けない

髪の毛を強く引っ張り続けることで毛根に強い力がかかり、耐えきれなくなった髪の毛はどんどん抜けていきます。

これは細い髪の毛ばかりではなく、太くて健康な髪の毛も同じです。

ヘアスタイルの工夫が大事

ですから髪の毛を強く引っ張り続けるようなヘアスタイルを、毎日繰り返すのは控えましょう。

時には髪の毛を下ろして頭皮の負担を減らしてみる、緩やかな編み込みなどで強く引っ張らない髪型もいいでしょう。
仕事上髪の毛を結ぶ必要がある場合は、ヘアスタイルを見直すのも一つの方法です。

ツボ押しやマッサージで対策を

また抜け毛を防ぐためにツボを押したり、頭皮マッサージを取り入れたりするのもいいでしょう。

牽引性脱毛の方は血行が悪くなっている可能性がありますので、マッサージを取り入れることで改善されることがあります。

頭皮への無理な負荷は抜け毛の原因となりますので、髪の毛を休ませる時間も作ってみてください。

分け目を変えてみる

分け目が同じ方も、頭皮に負担がかかっていると言われています。
特に何年も同じ髪型で、分け目をまったく変えていない方は紫外線の影響を受けやすいです。

そのため紫外線による薄毛プラス、重みによる薄毛が進みますので分け目が同じ方は牽引性脱毛を引き起こしやすいと言われています。

時には分け目を変えてみる、分け目の分からないヘアセットをしてみるのもいいでしょう。

ブラッシングの仕方も工夫が必要

なおブラッシングをするときに髪の毛を引っ張るのも、牽引性脱毛につながります。
ヘアセットをするときに使うブラッシングは優しく行い、髪の毛に負担をかけないようにしましょう。

髪の毛が絡んでいるときは無理にほどくのではなく、シャワーを当てるなど負担をかけないほどき方をしてみてください。

まとめ

牽引性脱毛は女性特有の薄毛と言われています。
重力は体全体に働いているため、髪の毛の重さで毛根に負担がかかることが多いからです。

特に女性はヘアスタイルを変えたり、髪の毛を伸ばしたりすることが多いです。
すると髪の毛の重量は増えますし、髪の毛を引っ張って固定することで頭皮への負担も大きくなります。

髪の毛の重量を増やすエクステも同様ですから、お出かけの時だけヘアセットをし、夜は休ませるなど工夫しましょう。

牽引性脱毛に育毛剤は効果がないと言う声もあります。

どうしても改善されない場合は育毛剤を使用するべきと言う人もいますが、まずは原因を追究して改善することから始めませんか。
牽引性脱毛は原因を取り除けば改善する見込みがあるのです。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング