女性が薄毛を改善したい時意識したい食事と育毛に役立つ食べ物

飽食の時代と言われる現代、食べたいものを食べる方も多いでしょう。
しかし栄養バランスなどを考えずにいると、いつの間にか薄毛になっていることがあります。

食事が薄毛につながると考える人は少ないようですが、頭皮環境が気になる方にとっては深刻な問題です。
栄養バランスが取れた食事は健康だけではなく、薄毛対策にもつながります。

では一体どのような食事が薄毛につながるのでしょうか。
身の回りにある食品や食事内容と、薄毛の関係性について考えてみましょう。

食事と薄毛の関係

薄毛の方は栄養不足の可能性があります。
本来髪の毛は、体の中に取り入れた栄養素から作られます。

髪の毛に必要な栄養素

そのメインとなるのがたんぱく質ですが、たんぱく質は一度分解されてからケラチンに合成されなければなりません。

ケラチンと言うたんぱく質が髪の毛の原材料となるのです。

タンパク質がケラチンになるためには亜鉛やビタミンB群、ビタミンCにミネラルなどのサポートを得る必要があります。

しかし現代人は亜鉛やビタミン、ミネラル類が不足していると言われています。
さらに食事制限によるダイエットを取り入れている女性の場合、たんぱく質も足りないと言われているのです。

髪の毛に栄養が行き届かくなるのが薄毛の原因

タンパク質は皮膚や筋肉、臓器に器官などを構成する大切な栄養素です。
心臓や肺など生命維持活動に必要な部位から先に使われるため、髪の毛は後回しになりやすいとされています。

ですから薄毛対策を取るためには、栄養バランスのとれた食事を心がける必要があるでしょう。

薄毛を進行させる食べ物

薄毛を進行させる食べ物は、脂質を多く含む食べ物です。

肉の脂身は特に注意が必要と言われており、油分の取りすぎは皮脂の分泌量の増加を招くと言われています。
唐揚げや天ぷらなどの揚物も同様ですから、脂質の取りすぎには注意したいところです。

血流の悪化が薄毛を招く

また脂質や糖質の多い食べ物を摂りすぎると、生活習慣病のリスクも高まります。
生活習慣病の一つである動脈硬化は、血液の流れを妨げる病気です。

血行が悪くなると髪の毛の成長に必要な、栄養素や酸素が運搬されにくくなります。
すると毛根が育ちにくくなりますので、薄毛になりやすいと言うのです。

さらに肥満も薄毛の原因となりますので、食事は栄養バランスを考えて摂るようにしましょう。

薄毛を防ぐ食べ物

髪の毛を構成するたんぱく質を多く含むのは肉類や魚類、豆類です。
さらにビタミンB群は豚肉や野菜類に多く含まれており、ビタミンCは柑橘類や緑黄色野菜に多く含まれています。

亜鉛や鉄分を含む牡蠣や豚レバー、ミネラルを含む海藻類などを取り入れるといいでしょう。

血行改善に役立つ栄養素も大事

ただ薄毛対策をするためにはこれだけでは足りません。

髪の毛の成長を促すためには、血行の改善が必要と言われています。

頭皮には毛細血管が多く集まっており、動脈は脳へ走っています。
そのため血流は脳へ送られやすく、毛細血管は血液が走る管が細い分血行も滞りやすいと言われています。

ですから血行を促進するビタミンEを含むナッツ類、アボカドなどを取り入れるといいでしょう。
さらにビタミンEやビタミンCには抗酸化作用があり、活性酸素による薄毛への影響を減らすことができると期待できます。

まとめ

薄毛になりやすい食事を取る人は、脂質や糖質を摂りすぎる傾向にあります。
肥満体型の人に薄毛が多いと言われるのは、皮脂の分泌量が多いためです。

もちろん該当しない方でも、皮脂の分泌量が多い方は脂質や糖質の取りすぎに注意しましょう。
頭皮環境を改善するとされる、ビタミンやミネラル類を取るのはお勧めです。

また食事を摂る上で気を付けたいのが、食事をするタイミングです。
夜寝る前に食事を摂ると、頭皮に回るはずの血液が胃に集まってしまいます。

すると寝ている間に成長するはずの毛根が成長しきれず、さらに肥満の原因となって薄毛につながると言うのです。
また食べすぎの方も肥満の原因となりますので、腹八分目を心がけるといいでしょう。

極端なダイエットは栄養不足につながりやすいです。
必要なたんぱく質やビタミン、ミネラル類を摂り、頭皮の健康と薄毛対策を考えた食事を心がけてみませんか。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング