つむじの薄毛が気になる女性におすすめのヘアケアと育毛対策

普段はなかなか見ることがありませんが、美容室などで髪型を確認した時につむじが見えることがあります。
つむじは頭皮のどこかで渦を巻いているその中心ですが、薄毛が起こりやすい部分と言われています。

鏡で確認した時につむじが目立っていた、薄毛が始まっていたとショックを受ける方もいるでしょう。
中には美容師に指摘されて初めて薄毛を知ることもあるようです。

しかしなぜつむじに薄毛が広がるのでしょうか。
薄毛を予防するための正しいヘアケア方法も、一緒に確認してみませんか。

つむじに薄毛が広がる理由

つむじに広がる薄毛は女性男性型脱毛症、通称FAGAの特徴です。
円形脱毛症でも同じような症状が見られますが、FAGAは特につむじ周りに見られると言います。

FAGAはホルモンバランスの乱れや不規則な生活習慣、ストレスなどによって男性ホルモンが優位になることで起こります。

FAGAでつむじが薄毛になる流れ

通常女性は女性ホルモンに支配されていますので、男性ホルモンの影響を受けることはほとんどありません。

ところがホルモンバランスが崩れるなど、何らかの原因によって男性ホルモンが優位になることがあります。

すると男性ホルモンが5αリダクターゼと結合して、脱毛ホルモンになってしまうのです。

結果つむじ周辺から薄毛が始まり、徐々に広がってしまうと言うことです。

円形脱毛症でつむじが薄毛になる流れ

円形脱毛症の場合はストレスが原因とされており、男性ホルモンである抗ストレスホルモンの影響で起こるようです。

どちらか一方が原因の場合もあれば、並行して起こることもありますので専門医の受診が望ましいです。

ストレスを解消してつむじ周りの育毛促進を

つむじ周りの薄毛が気になりだしたら、ストレスをまず解消しましょう。
FAGAも円形脱毛症も、ストレスによるものが大きいです。

ストレスを解消すれば、ある程度薄毛や抜け毛が改善される可能性はあります。

育毛対策に役立つストレス解消法

趣味の時間を持ったり、運動をしたりするといいでしょう。

リラックスタイムを設けてぬるめのお湯に入る、よく眠るのもお勧めです。

それから生活習慣や食生活も見直してみてください。
不規則な生活習慣や暴飲暴食、栄養バランスの悪い食事は血行不良や抜け毛の原因となります。

仕事上生活が規則的にならないと言う場合でも、軽い運動を取り入れるなどすればある程度改善は見込めるでしょう。

食生活で実践する育毛対策

また食事内容もインスタント食品や外食ばかりではなく、栄養バランスの取れた食事を心がけてみてください。
油っこいものは皮脂の分泌量を増やし、頭皮環境が悪くなると言われています。

特に毛髪を作るのに必要なたんぱく質や亜鉛、ビタミン類を意識してみるといいでしょう。

つむじ周辺の育毛法

つむじ周辺の薄毛が気になったら育毛を始めましょう。
毎日誰でも簡単にできる方法が、頭皮マッサージです。

マッサージには頭皮を柔らかくし、血行を改善する効果があるとされています。

頭皮が柔らかくなれば毛穴の開閉もスムーズになりますし、血行が良くなれば必要な酸素や栄養素が行きわたりやすくなります。

マッサージの方法

マッサージをするときは爪を立てず、下から上へ向かってゆっくりと行うことです。
せっかくマッサージをしているのに、頭皮が傷ついては意味がありませんので気を付けてください。

なお頭皮マッサージをするときに育毛剤を取り入れると、育毛剤の浸透力が高まると言われています。

合わせて取り入れてみてはいかがでしょうか。

まとめ

つむじ周辺は普段見ることがない分、薄毛に気が付きにくい場所です。
ですから薄毛が気になり始めたら、鏡を使って一度チェックしてみるといいでしょう。

特にもないようなら、予防として頭皮マッサージを取り入れるのもお勧めです。
薄毛が進行してる場合はクリニックを受診したり、生活習慣や食事の内容を見直してみたりしましょう。

少しずつ原因を改善していくことで、つむじ周りの薄毛は改善することができます。
それからストレスを溜めないこともポイントですので、通勤に徒歩を取り入れるなど軽い運動をしてみてはいかがでしょうか。

つむじ周辺の薄毛に気が付いた時、進行していた状態になっていないようケアしてみませんか。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング