女性が薄毛になる原因の一つヘアカラーの影響と具体的な対応策

高校生ぐらいになると髪の毛を染める女性も増え始め、社会人になればほとんどの人がヘアカラーを使って髪の毛を染めています。

黒髪で一度も染めたことがないと言う人の方が、珍しいのではないでしょうか。
ヘアカラーは市販のものを使用する、美容室で美容師にしてもらう方法があります。

市販のものを使えば安上がりですし、自分の好きなタイミングでカラーリングができます。
ところがヘアカラーの選び方や使い方を間違えると、薄毛につながってしまうと言います。

ヘアカラーが頭皮に及ぼす影響

カラーリング剤は染料などの1剤と、過酸化水素の2剤を混ぜ合わせたものです。

髪の毛を黒から茶にするためには黒色を薄くし、それから茶色に染める必要があります。
そのためブリーチ効果を髪の毛に与え、髪の毛をある程度脱色するのです。

頭皮環境の悪化させて髪の毛の成長を邪魔する

しかしブリーチは髪の毛にも頭皮にも、大きな負担を与えます。

人によっては頭皮にかゆみや痛みが走ったり、かぶれや炎症が起こったりすることもあるでしょう。
カラーリング剤の刺激は頭皮環境を荒らし、髪の毛が生える邪魔をすると言われています。

そのため髪の毛が成長しようとしてもなかなかうまくいかず、ついには抜け毛が進行して髪の毛が少なくなってしまうのです。

髪の毛の健康を害する大きな原因に

さらにカラーリング剤の中には、キューティクルを喪失させるものもあります。
キューティクルは髪の毛を保護する、4~9枚の薄い膜です。

カラーリングによってキューティクルが失われると、指通りも悪くなりますし枝毛や切れ毛の原因となります。

髪の毛の健康も損なわれますので、抜け毛が進行して次第に薄く細い髪の毛しか生えてこなくなると言うのです。

毛根近くを染めないように注意

ヘアカラーによる薄毛を防ぐためには、カラーリング剤が合っているか確かめましょう。

パッチテストのやり方

そのために行いたいのがパッチテストです。
パッチテストはガーゼに薬剤を塗り、肘の内側に張り付けて10分間安静を保つとできます。

ガーゼをはがした時に、肌の色が変わっていなければヘアカラーを使用することができるでしょう。

なおカラーリング剤の容器にもパッチテストについて記載があることがほとんどですから、必ず確認してから使用しましょう。

地肌につかないように気をつける

それからカラーリングをするときは、地肌にカラーリング剤を付けないように注意しましょう。
大体地肌から1cmほど離れたところから、塗り始めるといいとされています。

地毛の色は残っても、頭皮の健康が保たれれば薄毛にはつながりません。

薄毛の方のヘアカラーの選び方

市販のカラーリング剤に不安がある方は、美容室で染めてもらいましょう。
最近は多くの美容室がヘナカラーなど、自然由来成分のみでできたカラーリング剤で髪の毛を染めているようです。

自然由来成分でもアレルギーがある方は注意が必要ですが、刺激の少ないカラーリング剤なら地肌への強い影響を避けることができるでしょう。

ヘアマニキュアの使用もおすすめ

また髪の毛表面だけを染めるヘアマニキュアは、頭皮への負担が少ないと言います。
髪の毛を洗えば落ちていきますので、染め直す頻度は高いです。

ですが頭皮への負担と薄毛対策を考えるなら、肌の弱い方には特にお勧めと言えるでしょう。

まとめ

会社も髪の毛を染めることを認める事例が増え、女性の髪の毛の色にもバリエーションが増えました。
また白髪が目立つようになれば白髪染めを使う方もいるでしょう。

一度髪の毛を染めると新しく生えてきた髪の毛と色が違うため、頻繁にカラーリングをする人もいます。
ですが1カ月に1回以下の頻度で染めると、頭皮に大きな負担がかかります。

前回髪の毛を染めたときのダメージが回復しないまま、次のカラーリングとなる可能性もあるのです。
そうするとダメージが蓄積されて薄毛は進行します。

ですからカラーリングをするときは、2ヶ月に1回程度かそれ以上の頻度にしましょう。
頭皮のダメージを回復させてから次回のカラーリングをする方が、髪の毛の健康にもいいのです。

どうしても髪の毛の色が分かれるのは嫌だと言う場合は、美容師に相談したりヘアマニキュアを使ったりするのもいいでしょう。
あなたに合った方法で、ヘアカラーを楽しんでみてください。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング