薄毛を改善したい女性が選ぶべき育毛剤の特長とおすすめ成分

薄毛が気になる女性が増えたことで、女性用の育毛剤も増えてきました。
頭皮が目立つようになった、髪の毛が細くなってきたなどと言った理由で、育毛剤を使用したことがある方もいるでしょう。

育毛剤と言うと男性が使っているのがよく知られていますが、女性用と男性用では育毛剤の種類が違います。
男女兼用の育毛剤もありますが、基本的に女性は男性用の育毛剤を使用することができません。

では女性用の育毛剤にはどのような特徴があり、どのような成分が含まれているのでしょうか。

女性用育毛剤の特徴

女性用育毛剤は男性用育毛剤と違い、栄養成分をメインに配合しています。
男性用育毛剤は5αリダクターゼの働きを抑えるのがメインですから、栄養が主流とは言えないでしょう。

女性ホルモンをサポートする成分が特徴

女性の脱毛症は、女性ホルモンの影響によって起こると言われています。

エストロゲンの分泌量が減ることが原因ですから、エストロゲンを補うことができれば薄毛を予防改善できるでしょう。

ですから女性用育毛剤は女性ホルモンの働きを手助けし、さらに頭皮環境を改善する成分が主流となっているのです。

頭皮に優しい成分が特徴

また刺激が低い育毛剤が多いのも特徴で、血行を促進し頭皮の乾燥を防ぐ成分の多くは自然由来成分となっています。

イソフラボンやローズのように、女性ホルモンの働きを助ける成分も天然由来成分ですから副作用の心配もほとんどないと言われています。

女性ホルモンの働きをサポートする成分

女性用育毛剤の多くは、女性ホルモンの働きをサポートする成分が含まれています。

イソフラボンは女性用育毛剤におすすめの成分

代表的な成分がイソフラボンですが、イソフラボンは髪の毛の健康を維持するエストロゲンに似た働きを持っています。

大豆製品に多く含まれることで知られており、更年期障害の改善にもいいようです。

そのためクリニックでも更年期障害治療に使われているのですが、薄毛も更年期が原因で起こることが多いので、イソフラボンは有効と考えられます。

もちろん天然由来成分を使用している製品が多いので、安心して使うことができるでしょう。
妊娠中髪の毛が抜けにくい人がいますが、それはエストロゲンの分泌量が普段より多いからと言われています。

このことからもエストロゲンの分泌量が減る時期に、エストロゲンを補えば発毛効果が期待できると言うことです。

保湿成分と血行促進成分

抜け毛が増えたと感じる場合、貧血になっている可能性があります。
貧血は血液中の酸素量が少ない状態ですから、毛髪に必要な酸素が十分に送られません。

酸素量が減る原因は鉄分が不足するためです。
実は髪の毛を作るたんぱく質のケラチンは、鉄分がなければ合成がされません。

頭皮もケラチンが主成分ですから、鉄分不足は乾燥へつながってしまいます。

乾燥が抜け毛に繋がる理由

乾燥した肌は自分を守るために皮脂を分泌します。
すると頭皮は脂っぽくなり毛穴も埋まってしまいます。

さらに乾燥が進むと今度は頭皮がカサカサになり、バリア機能が低下します。
低下したバリア機能は外部刺激を受け入れやすく、頭皮が荒れて湿疹やかぶれなどの原因となるでしょう。

すると髪の毛はパサつき、フケも増えるので抜け毛が増えるのです。

育毛剤に含まれる成分の働きをしっかり確認

このような事態を予防するために、女性用育毛剤には保湿成分やビタミンCやEといった成分が配合されているのです。
また抗炎症作用を持つ、グリチルリチン酸を配合する育毛剤も少なくありません。

まとめ

女性の脱毛は深刻な状態になると、頭皮環境も大きく乱れてしまいます。
主にエストロゲンの減少が原因と言われている女性の薄毛ですが、育毛剤はエストロゲンの働きをサポートしながら栄養を補うようできているのです。

頭皮環境を改善するための栄養成分や保湿成分、さらに血行促進成分を配合しているものが多いでしょう。
もちろんイソフラボンなど、女性ホルモンをサポートする成分も入っています。

副作用を心配する方もいるでしょうが、女性用育毛剤の成分はほとんどが天然由来成分です。
中には化学合成物質を使ったり、添加物を使っているものもあります。

ですが低刺激で優しい無添加の育毛剤もありますので、あなたの悩みに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング