女性が極端なダイエットをすると薄毛になる理由と対応策

ダイエットをしている女性が多い世の中、あなたが体験したことがあるダイエットは何でしょうか。
置き換えダイエットや単品ダイエット、酵素ダイエットなど様々なダイエット法が世の中にはあふれています。

しかし正しい知識を身に着けた上で正しいダイエットを実践しなければ、体に不調をもたらすこともあります。
その一つが薄毛と言われていますが、なぜダイエット方法を間違えると薄毛になってしまうのでしょうか。

極端なダイエットと薄毛の関係について見てみましょう。

薄毛になるダイエットの特徴

極端なダイエットをする人は薄毛になりやすいです。

髪の毛に必要な栄養が足りなくなる

その理由は栄養不足が大きいと言われていますが、髪の毛の成長のためには髪の毛が必要とする栄養を補うことが必要不可欠です。

髪の毛はたんぱく質からできており、さらにビタミンやミネラルなどのサポートを得て健康な状態へ成長します。

ところが食事制限をして摂取カロリーを大幅にカットしたり、食品が偏っていたりすると必要な栄養素が補給できなくなります。

すると髪の毛が本来必要とする栄養素を十分に取ることができなくなり、薄毛が進行してしまうのです。

たんぱく質の優先順位は髪の毛が一番最後

しかもたんぱく質は筋肉や心臓などの臓器にも使われており、生命活動に必要な部分から使われていきます。
髪の毛は生命活動の維持に直接関係していませんから、最後になってしまうのです。

ですから極端なダイエットはしない方がいいでしょう。

薄毛を予防しながらダイエットをしよう

ダイエットをしたいけれど薄毛が気になる方は、薄毛を予防しながらダイエットをしましょう。
極端に食事制限をするようなダイエットは、リバウンドも起こりやすく健康にも良くないと言われています。

薄毛予防にもなる正しい食事内容

ダイエットの基本はバランスの取れた1日3回の食事と、軽い運動です。

特に食事内容で見るなら、髪の毛の成長に必要なたんぱく質などを含めて考えましょう。

栄養バランスは炭水化物にたんぱく質に脂質、ビタミンやミネラルの5つで考え、食物繊維もプラスしてみてください。

ダイエットと薄毛予防に役立つ運動

また軽い運動を取り入れることで基礎代謝が上がりますので、痩せやすい体になります。
同時に血行が良くなり、頭皮に必要な栄養素が運ばれやすくなるでしょう。

頭皮は毛細血管が集まっているため、一度に送られる血液量も少ないのが特徴です。

だからこそ血行を促進する有酸素運動を取り入れて、薄毛を予防しながらダイエットを実践してみませんか。

ダイエット中も摂りたい栄養素

ダイエット中に薄毛を予防するには、亜鉛とビタミンB群そしてミネラルを摂りましょう。

亜鉛は薄毛の改善には重要な栄養素

亜鉛は牡蠣やレバーなどに多く含まれていますが、ケラチンというたんぱく質の合成をサポートしてくれます。

新しい髪の毛が生えてくるために亜鉛は必要不可欠ですから、薄毛対策に亜鉛がいいと言われているのです。

また5αリダクターゼという、抜け毛を進める酵素の働きを抑える効果も期待できます。

亜鉛の吸収をサポートする栄養素も忘れずに

それから亜鉛の吸収をサポートしてくれるビタミンB2とB6、それにビタミンCも一緒に取っておきたいところです。

ビタミンには栄養素のサポート機能があり、特にビタミンB2とB6それからCは亜鉛の働きを助けてくれると言うのです。

ミネラルは髪の毛の生成をサポートし、黒くしてツヤを保つ働きがあると言いますから合わせて摂るといいでしょう。

まとめ

ダイエットをするとリバウンドの心配ばかりする方がいますが、薄毛にもなりやすいと覚えておきましょう。
無理なダイエットは特に栄養不足になりやすく、肌荒れや便秘などの症状も引き起こすと言われています。

薄毛になる理由は必要なたんぱく質が頭皮よりも心臓や筋肉など、生命維持活動に必要な臓器や器官に優先して送られるためです。

髪の毛の成長に必要な栄養素が不足すれば、薄毛は自然と進行します。

ですからダイエットをしながら薄毛を予防したい方は、ダイエットの基本を守りながら髪の毛に必要な栄養素も摂取してみましょう。

運動を同時に取り入れると血行が促進され、薄毛予防になりますのでダイエットに取り入れて見てはいかがでしょうか。
極端なダイエットで薄毛が進行しないよう、まずはダイエットの基本を押さえてみませんか。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング