女性特有の薄毛・びまん性脱毛症の特長と注意点

昔は薄毛は男性特有の悩みと言うイメージがありましたが、今は女性も薄毛に悩まされる時代です。
女性の社会進出と関係あると言われていますが、男性と女性の薄毛は違うと言います。

何かと言うと男性はAGAという男性ホルモンを原因とする薄毛、女性はびまん性脱毛症と呼ばれる女性特有の薄毛と言うことです。

男性の薄毛は何となく分かりますが、女性の薄毛びまん性脱毛症とはいったい何でしょうか。
言葉を聞くだけでは分かりづらい、びまん性脱毛症について見てみましょう。

女性に多いびまん性脱毛症とは

びまん性脱毛症の症状は、髪の毛のボリュームダウンや髪の毛のハリやコシの喪失が代表的です。
髪の毛そのものが細くなるため、ボリュームがダウンすれば地肌も目立つようになります。

髪の毛全体が薄くなるのが特徴

年齢とともに現れやすい女性特有の薄毛と言われていますが、びまん性脱毛症は頭皮全体に薄毛が見られるのが特徴です。

しかも症状が目に見えるようになるまで時間がかかるため、気が付いた時には薄毛がかなり進行しているとことも珍しくありません。

男性の脱毛症がAGAと呼ばれるのに対し、女性の脱毛症はFAGAと呼ばれています。

更年期の女性に多いのも特徴

抜け毛の増加や髪の毛につやがなくなると言った症状がメインで、更年期あたりに多く見られます。

さらに閉経とともに頭皮が目立つようになるため、老化によるものと考えられているのです。

びまん性脱毛の原因

びまん性脱毛症の原因の一つはFAGAです。
FAGAは女性版男性型脱毛症と言われており、男性ホルモンの影響により起こります。

FAGA発症のメカニズム

女性は女性ホルモンに支配されていますが、わずかながら男性ホルモンも存在しており、体の中で合成されます。

特にストレスを受けたときに分泌される抗ストレスホルモンは、男性ホルモンの一種ですから薄毛に直結しやすいと言われています。

女性の体の中でテストステロンが過剰に分泌されると、脱毛酵素と呼ばれる5αリダクターゼが作用し、強力な男性ホルモンジヒドロテストステロンになります。

すると毛乳頭の働きが弱まり、抜け毛が起こりやすくなるのです。

ただし女性ホルモンの分泌量が正常であれば、血液中のテストステロン濃度は非常に低いため髪の毛に影響はないとされています。

様々な原因がびまん性脱毛症の原因に

ほかにもびまん性脱毛症の原因には年齢による女性ホルモンの減少、出産や経口避妊薬によるホルモンバランスの乱れが考えられます。

若い女性に多いダイエットや不規則な食生活、ヘアケアのし過ぎもびまん性脱毛症を引き起こすとされているのです。

放っておくとどうなるのか

健康な人でも、1日50~100本の抜け毛があると言われています。
ですから抜け毛の量が100本以上ある場合はびまん性脱毛症の可能性がありますので、早めに対処しましょう。

進行するほど悪化しやすいので注意!

びまん性脱毛症は放置しておくと、次第にヘアサイクルが乱れ成長期が短くなります。
さらに休止期が長くなりますので、抜け毛が増えて新しい髪の毛が生えづらくなると言われています。

そうすると頭皮はどんどん目立つようになりますし、気が付いた時にはびまん性脱毛症が進行していたと言うことになりかねません。

びまん性脱毛症の対処法

びまん性脱毛症に気が付いたら、生活習慣や食生活を正したり、運動を取り入れたりしてみましょう。

女性ホルモンを増やす食べ物を摂るようにするのもお勧めです。

どうしても改善が見られない場合は、専門クリニックを訪ねてみるのも一つの方法です。

まとめ

びまん性脱毛症に悩む女性は、年々増えていると言います。
高齢者に見られると言われていたびまん性脱毛症ですが、今は若い女性の間にも広がっているのです。

放置しても頭皮がどんどん目立ち、いいことは何もありません。
出産による抜け毛であれば、次第に落ち着くことはあるでしょう。

ですがホルモンバランスが戻らなければ、びまん性脱毛症はどんどん進行することが多いのです。

びまん性脱毛症の原因の大半はホルモンバランスの乱れですから、生活習慣や食生活の改善をし、ホルモンバランスを正す方法を実践してみてください。

大切なことはいち早く症状に気付き、早めに対処していくことなのです。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング