前髪が薄くて気になる女性に適した育毛対策と隠し方

前髪を掻き上げると後退しているのに気が付いた、前髪が薄くなっているような気がすると言うことから薄毛に気づく方もいるでしょう。

気が付くとショックを受ける方が多いようですが、前髪は目立つから何とか育毛できないかと考えることも多いようです。

男性の場合前髪から後退するいわゆるM字型脱毛は治りにくいと言われていますが、女性の場合はどうでしょうか。
気になる前髪の薄毛を隠しながら、育毛する方法について見てみましょう。

正しい洗髪で頭皮環境を改善しよう

前髪の薄毛の原因は、シャンプーが生え際に残ることと言われています。
ちゃんと髪の毛が洗えていない人は、シャンプーやリンスなどが生え際に残ることがあります。

シャンプーやスタイリング剤をしっかり落とすのが大事

特に生え際はすすぎ残りが多いと言われており、毛穴に洗髪剤が詰まって薄毛が進行してしまうのです。
また生え際がしっかり洗えておらず、スタイリング剤などが残っても同じように前髪が薄毛になります。

スタイリング剤を付ける人は多いでしょうが、生え際もしっかり洗って落とすことが大切です。

シャンプーやリンス、トリートメントをした後は生え際もしっかり洗い落とすようにしましょう。

ヘアスタイルを変えてみるにもおすすめ

また同じ髪型を続けている人は牽引性脱毛症になりやすいので、髪の毛を下ろしたり分け目を変えたりして薄毛を予防するのも一つの方法です。

洗髪すると元のスタイルに戻る場合もありますが、時々ヘアスタイルを変えてみることを意識してみてください。

生活習慣を改善しよう

前髪の薄毛が見られる方は生活習慣が乱れている場合があります。
ストレスは特に薄毛につながりやすいと言われており、上手に発散することが大切です。

趣味の時間を持ったりリラックスできる環境を作ったり、軽い運動を取り入れるといいでしょう。

質の良い睡眠を心がけましょう

また夜更かしをしている方は、髪の毛を作る時間に必要なホルモンが十分に分泌されていない可能性があります。
夜22時から朝2時までは成長ホルモンが活発に分泌されます。

特に質のいい睡眠を取っていると分泌が盛んになりますので、この時間にしっかりと眠るようにしましょう。
そうするとヘアサイクルが整い、成長期と退行期のバランスが取れるようになると期待できます。

食生活の見直しも大事

普段の食生活も見直したいところです。
ジャンクフードやインスタント食品に含まれる食品添加物は、髪の毛を作るケラチンの合成をサポートする亜鉛を消費します。

日本人は亜鉛不足と言われていますから、亜鉛を大量に消費するようなことは控えましょう。
脂質や糖分の多い食事も肥満や血行不良、皮脂の過剰分泌を引き起こしかねません。

栄養バランスのとれた食事を、1日3回取るよう心がけてみてはいかがでしょうか。

前髪の薄毛の隠し方

前髪の薄毛に育毛ケアを施しても、すぐに改善されるものではありません。
育毛ケアが成功するまで前髪が気になる、隠したいと言う方は前髪を伸ばしてみましょう。

残った前髪を伸ばして前に垂らすことで、薄くなった生え際を隠すことができるようです。

逆に額を出す髪型は牽引性脱毛を誘引する可能性がありますし、前髪の薄毛が目立ちます。

ウィッグを有効活用するのもおすすめ

前髪を伸ばしても足りないと言う方は、部分ウィッグをつけるのも一つの方法です。
ウィッグ専門店や美容室で相談してみるのもいいでしょう。

まとめ

前髪の薄毛は前髪を掻き上げなければ気付かない人もいます。

気が付いた時にはすでに進行していたと言うこともありますので、1日1回は生え際をチェックしてみるのがお勧めです。

育毛剤を使用してケアするのもお勧めですが、同時に生活習慣や食生活も見直してみてください。
そうすると何が原因で前髪が薄くなっているのか、分かることもあります。

前髪の育毛をしながら薄くなった部分を隠せば、特にストレスを感じることなくケアを進めることができるでしょう。
最近は前髪用のウィッグも販売されていますので、気軽に購入してみてはいかがでしょうか。

前髪の育毛はほかの部位同様すぐに治るものではありません。

ケアが完了するには時間がかかりますので、薄毛部分を隠しながら育毛に励んでみませんか。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング