女性がかつらやウィッグを使用する際に覚えておきたい事

女性に多いびまん性脱毛症を始め、薄毛に悩む人の多くは頭皮が気になるようです。
上から覗かれたときに、頭皮が目立つと恥ずかしいのではないでしょうか。

そんなコンプレックスを隠すことができるとして人気なのが、かつらやウィッグです。
部分かつらや全体を覆うタイプのかつらなど、様々な種類が販売されていますが、そのメリットやデメリットは何でしょうか。

また育毛治療を進めながら、かつらやウィッグを使用する場合、どこで手に入れることができるのか見てみましょう。

かつらやウィッグのメリット

かつらやウィッグは、気になる部分を隠すことができます
円形脱毛症なら、脱毛している部分の大きさに合わせて、部分かつらやウィッグを選ぶことができますし、頭頂部なら専用のウィッグが多数販売されています。

しかもブラシで梳かせばもともとある地毛になじみますので、かつらやウィッグを付けているとはばれにくいです。

用途に合わせた使い方ができる

頭皮全体が薄くなっていると言う場合も、頭皮全体をカバーするかつらがありますので、どのようなタイプの方でも活用できるでしょう。

以前は雨風に弱いと言われていたかつら、ウィッグですが、現在は水に強いタイプや耐久性のあるタイプも登場し、弱点をほぼ克服していると言えます。

また髪の毛の長さを自由に変えたり、パーマやウェーブをかけたかつら、ウィッグもあります。

色も豊富にありますので、あなた好みのヘアスタイルを楽しむこともできるのです。

かつらやウィッグのデメリット

いくら強度の強いかつらやウィッグが登場したとはいえ、まだ水に弱いタイプもあります。
雨の日や雪の日は取り扱いに注意が必要、汗をかく場合も注意しなければならない場合もあるようです。

保険適用外で維持費がかかる

またかつらやウィッグは市販品ですから、保険が適用されません。

病気により、医師が必要と判断すれば、医療用かつらやウィッグを保険適用で購入することはできます。

ですが薄毛治療自体保険がもともと適用されませんので、どうしても維持や購入にお金がかかります。

円形脱毛症や病気による皮膚炎を原因とする抜け毛、精神疾病によるものであれば保険は適用されますが、それ以外は全額自己負担になることを覚えておきましょう。

耐久年数によっては買い替えが必要

また種類によってお手入れ方法も異なりますし、耐久年数も異なります。
育毛には時間がかかりますので、平均的な治療期間に応じ、扱いやすいかつら、ウィッグを選んでみてください。

どこで購入可能か

かつらやウィッグは専門店で購入可能です。
最近は女性専用のかつら専門店も増え、デパートなどで見られるようになりました。

テレビCMも流れていますから、見たことがある方も多いでしょう。
街中を歩いていると、堂々と女性専用ウィッグサロンと掲げられた看板も目にすることがあります。

薄毛に悩み、治療を受けながらかつらやウィッグを活用したい場合は、こうしたかつら、ウィッグの専門店を利用してみてください。

医療機関で相談するのもおすすめ

どこにお店があるのか分からない場合は、医療機関によっては紹介してくれる場合もあります。
それから医療用かつらの取扱店もあります。

総合病院などの場合は、病院内に設置されていることもありますし、パンフレットをもらうこともできるようです。

保険が適用される場合にも対応してくれますので、該当する方は相談してみるといいでしょう。

まとめ

昔は頭皮の薄い男性のものと思われていたかつらですが、薄毛に悩む女性がふぇうるに連れ、対応するお店も増えてきました。
人毛を使ったかつらもあれば、人工毛を使ったかつらもあります。

どのかつらやウィッグがいいのか、あなたの薄毛に対応するタイプはどれか、お店の方と相談してみるのもいいでしょう。

かつらやウィッグについては医師に尋ねるより、専門家に尋ねた方がいい場合もあります。
お店の紹介をしてくれるクリニックもありますので、興味のある方は一度クリニックで確認してみてください。

コンプレックスを隠し、ストレスを軽減しながら育毛治療を進めることができる、それがかつらやウィッグの特徴と言えるでしょう。

使用する際は、注意点やお手入れ方法などもしっかり覚えて、使用してみてください。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング