喫煙する女性が育毛のために禁煙する方法

たばこは血管を収縮させ、血行を悪くすると言われています。
動脈硬化やガンの原因になるなど知られていますが、薄毛を引き起こす原因とも叫ばれています。

理由は血行が悪化することで、必要な栄養素や酸素が行きわたりにくくなるからです。
頭皮には毛細血管が多数集まっていますし、太い血管は脳へ走っており、優先的に血液や酸素などが送られますから、後回しになると言われています。

ですから血液が行きわたりにくい頭皮に、余計に血行を阻害するたばこは止めた方がいいと言われているのです。

本数を減らす

薄毛対策のために禁煙をしようと思ったら、まずは本数を減らしてみてください。

今まで1日5本も10本も喫煙していた人が、ある日突然1本も吸わなくなると、かえってストレスが溜まる場合があります。

ストレスも血行を阻害し、頭皮を硬くするため、育毛を阻害します。
ですから無理なく禁煙するためには、1日の本数を減らしてみましょう。

少しずつできる範囲で減らすのがポイント

いつも10本吸っているから、明日から1週間は8本に、来週は5本に、再来週は3本にと意識してみてはいかがでしょうか。

もちろん人によってどのような禁煙方法が合っているかは違いますので、今あるたばこを吸ったら禁煙すると決めるのも一つの方法です。

たばこを止めるタイミングを自分で決め、目標に向けて励んでみてはいかがでしょうか。

代用品を利用する

たばこを吸うのを我慢しても、口さみしいとついたばこに手を伸ばしてしまうことがあるでしょう。
その時はたばこの代わりになるものを利用しませんか。

例えばガムを噛むと、唾液が分泌されますので、満足度が増すと言います。
噛み続けることが脳を刺激するため、たばこを吸わなくても大丈夫と言う人も多いようです。

自分に合った禁煙グッズを探しましょう

また吸う動作ができないことに寂しさを感じる方は、禁煙グッズを利用するのもいいでしょう。
たばこの形をした禁煙グッズが、今はたくさん販売されています。

ほかにもアメをなめる、ドリンクを口に含みながら飲むなど、様々な方法があります。

たばこの代用品となり、あなたの禁煙を応援してくれるアイテムを見つけ、禁煙を進めて見てはいかがでしょうか。

禁煙外来も考えよう

どうしても禁煙できないと言う方は、禁煙外来を利用してみましょう。
禁煙外来は各都道府県にあり、健康志向の高まる現在、多くの方が通院していると言います。

どこに病院があるのか分からない方は、インターネットでお住まいの地域にある禁煙外来開設病院を探すことができます。

内科クリニックや呼吸器内科、循環器科で開設している場合が多いようです。

禁煙治療も健康保険の適用対象に

また

  • ニコチン依存症の診断テストが5点以上
  • 36歳以上の方で1日の喫煙本数に喫煙年数をかけた数値が200以上
  • すぐに禁煙を始めたい
  • 禁煙治療に文書で同意する

以上の条件んを満たすと健康保険が適用されます。
2番目の条件に関しては、35歳未満は含まれず、ほかの3点を満たせば健康保険が適用されます。

禁煙外来の治療内容

禁煙外来ではニコチン依存症チェックや一酸化炭素濃度測定を行い、禁煙宣言をしたうえで、禁煙補助薬を使用するなど治療を進めていきます。

医師と二人三脚で行いますので、一人で苦しむ必要はありません

頑張ったけれどどうしても禁煙できなかったと言う方は、通いやすいところにある禁煙外来を一度受診してみてはいかがでしょうか。

まとめ

禁煙をすることは育毛を助けることにつながります。
しかしニコチン依存症やニコチンが切れたときの禁断症状など、なかなかたばこを止められないと言う人も多いようです。

女性の場合、妊娠を機にたばこを止めた、孫が生まれるのを機にたばこを止めたと言う人も見られます。

どちらにしろ、禁煙するには止めると言う強い意志が必要です。

たばこを止めた後、あなたの体がどう変化するのか、想像してみてください。
健康的になり、呼吸が楽になるかもしれません。

生活習慣病や肺がんなどのリスクが減ることもあるでしょう。
そして何より、薄毛が改善され、育毛ケアの結果が得られると期待できるのではないでしょうか。
育毛のためにも、禁煙を目指してみませんか。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング