女性の育毛が成功するまでに必要な期間

育毛を始めようと決めたら、どのくらいの期間が必要なのか知りましょう。
結論から言えば、毛活には長い時間が必要です。

その理由は、ヘアサイクルなど丈夫で太い髪の毛が生えてくるための条件にあります。
では実際に育毛にかかる期間は、一般的にどのくらいと言われているのでしょうか。

なぜ育毛には長い期間が必要と言われているのか、その理由から考えてみましょう。
理由を知れば、長い目で毛活を考え、捉えることができるでしょう。

ヘアサイクルから期間を考える

髪の毛は健康な人でも1日50~100本抜けると言われていますが、これは髪の毛が常時生え変わっているからです。
毛母細胞が分裂することで毛根が作られ、髪の毛が生えてきます。

活発に細胞分裂が行われるためには、細胞がエネルギーを蓄えるための期間が必要です。

細胞分裂を繰り返し、毛根から髪の毛が生え、やがて衰えて抜けていきます。

ヘアサイクルを元に戻すことが大事

これをヘアサイクルと言い、4~7年の成長期、数週間の退行期、2~3カ月の休止期に分けられます。

薄毛の方は成長期が2~3年と短く、休止期が半年以上と長くなっています。

育毛のためにはヘアサイクルを元に戻すことが大切で、成長期が長くなり、休止期が短くなるためには、半年程度かかると言われているのです。

これはすべての髪の毛のサイクルが元に戻るための期間ですから、育毛には半年以上かかると考えられるでしょう。

健康な髪の毛を生やすためには

薄毛の人の髪の毛は、細くて短く、コシがないのが特徴です。
そんな髪の毛が1日に100本以上抜けますから、地肌もどんどん目立つようになります。

ヘアサイクルを戻して健康な髪の毛に戻すためには、休止期を元に戻し、成長期を長くすることが大切です。

頭皮環境の改善を目指す

そのためには栄養素と酸素の供給、頭皮環境の改善も必要と言われています。
頭皮が乾燥している、脂っぽい方は潤いのある頭皮に戻すのに時間が必要です。

血行が悪い方は血行を改善することが大切です。
体質改善のためにも長い期間を要しますから、毛活には時間がかかるとされています。

弱い土壌を肥沃な土壌にするのは時間がかかります。
しかし肥沃な土壌からは健康な植物が生えてきます。

同様に土壌となる頭皮を、時間をかけて整えれば、健康な髪の毛が生えてくると期待できるのです。

長い目で見ることがポイント

このように髪の毛を育てるためには時間が必要です。

早い人なら3カ月ほどで結果が出ると言いますが、多くの方が半年から1年かけて毛活を行っていると言われています。

また育毛を始めて1カ月経つ頃には、ヘアサイクルを戻すために初期脱毛が見られます。
休止期中の毛穴で太くて丈夫な髪の毛を育てる準備をしながら、今あるひ弱な髪の毛が抜けるためです。

初期脱毛を経て髪の毛は徐々に健康を取り戻していくと考えられるでしょう。

最低でも半年は様子をみましょう

ですからまずは1ヵ月続け、初期脱毛が見られたらヘアサイクルが元に戻ろうとしていると思ってください。
3カ月くらいになると初期脱毛も落ち着くと言われています。

そして半年後、産毛でもいいので髪の毛が徐々に増え始めているかチェックしてみましょう。
写真を撮って比べるのもお勧めです。

長い目で見て、育毛に励み、毛活を成功へ導きませんか。

まとめ

育毛に必要な期間は非常に長いです。

2つの季節をまたぐことも珍しくありませんから、焦るよりも季節など時間の経過を楽しみながら、毛活に励むことがお勧めです。

ヘアサイクルが元に戻ろうとすれば、初期脱毛も見られますし、やがて健康な髪の毛がお目見えするでしょう。
そうすると育毛の効果も実感できるようになりますので、育毛を始めた日を覚えておき、半年後に目標を定めて見てはいかがでしょうか。

半年後の自分の髪の毛が、どのように変化しているか期待しながら、育毛にまい進してみるのも一つの方法です。

ヘアサイクルが正常な健康な髪の毛が生えてくるには時間がかかりますので、長い目で見て、その先の楽しみをイメージするのも悪くないでしょう。

セルフケアの方もクリニックで治療を受ける方も、まず半年の目標を立てて見てください。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング