育毛中の女性が途中で挫折しないようにしたい心構え

育毛には時間がかかりますから、途中挫折しそうになることもあります。
やはり自分に育毛はできないのではないか、これ以上治療をしても結果は出ないのではないか、様々な考えがあなたを襲うでしょう。

ですがここで挫折してしまうと、今まで積み重ねてきたものがすべて無駄になります。
だからこそ、育毛に挫折しそうになった時どうすればいいか、一度考えてみませんか。

どのような心構えでいれば挫けそうな心を支えることができるか、あなたなりの答えを導き出してみてください。

悩んでいるのは自分だけではない

薄毛に悩み、育毛に行き止まりを感じ、どうしようか悩んでいるときに周りを見ると、あなたと同じ悩みを抱えている人が実はたくさんいると知るでしょう。

インターネットが発達した現代、あなたと同じ悩みを持つ人は簡単に見つけることができます。
中には育毛治療を完了し、その過程をブログに掲載している方もいます。

同じ悩みを共有し、頑張っているのは自分だけではない、治療を完了した人のように明るい未来が待っているかもしれないと知れば、前向きになれるのではないでしょうか。

前向きになれるきっかけを作る

結果が見えなかったり、初期脱毛が続いたりすると、心が挫けそうになるのはほとんどの人に共通しています。

それだけ育毛には時間がかかるのです。
だからこそ、前向きに育毛を続けようと考えられるきっかけを見つけましょう。

ストレスが薄毛を進行させる

育毛が上手くいかないと悩み続けると、どんどんストレスが溜まっていきます。
ストレスが溜まると血行が悪くなり、筋肉が収縮して頭皮は硬くなります。

血行が悪くなれば育毛に必要な栄養素や酸素は行きわたりにくくなりますし、頭皮が硬いと毛穴の開閉が上手くいかず、新鮮な酸素が供給されません。

また毛穴の汚れも落ちにくくなるでしょう。
今せっかく順調に進んでいる育毛ケアが、上手く進まなくなってしまうことに繋がりかねません。

ストレスは薄毛の原因ですし、育毛ケアを妨げる原因にもなります。

適度な気分転換がおすすめ

ですから育毛に挫けてストレスやネガティブな考えに陥りそうになったら、気分転換してみましょう。
気分をリフレッシュすれば、また明日から育毛を頑張ろうと言うやる気を引き起こすこともできます。

挫折しそうになった時は、気分を変えることも試してみてください。

治療には時間がかかる

育毛には半年かかると言われています。
しかし個人差が大きいため、1年かかる人も3年かかる人もいます。

早い人なら1カ月程度で新しい髪の毛が見え始めると言いますが、このような人は大体初期脱毛が起こるのも早いです。

初期脱毛が平均的な1ヵ月ほどで起こり、3週間程度で終息し、そこから新しい髪の毛が徐々に伸びてきて生えそろうまで半年と考えられます。

時間がかかると覚悟しておくことも必要

育毛はヘアサイクルを正常にして、今ある弱い髪の毛を振り落として新しい髪の毛が生えてきます。
生えてくる髪の毛は成長期で、5年程度続きますが、休止期の髪の毛も同時に存在します。

薄毛の影響を受けたままの髪の毛は1年ほど毛穴の中で休んでいますが、徐々に2カ月程度まで縮んでくるでしょう。

ヘアサイクルが元に戻り、健康な髪の毛が生えるためには、それだけ時間が必要と分かれば、挫折しそうなときももう少し頑張ろうと思えるのではないでしょうか。

まとめ

育毛は平均でも半年かかると言われていますから、途中挫折しそうになるのは仕方ありません

見えない結果にやきもきしたり、初期脱毛にショックを受けたり、目まぐるしい頭皮と髪の毛の変化、気持ちの代わりようについていけないことがあるのです。

そうすると育毛を止めた方がいいのではないか、自分には無理ではないかと思ってしまうでしょう。
ですが薄毛に悩んでいるのはあなただけではありませんし、ほかにも挫折しそうな人はいるはずです。

悩んでいるのは誰もが同じと考え、時に気分転換しながら、育毛について知識を取り入れていくうちに、挫折しそうな気持も吹き飛ぶのではないでしょうか。

心が挫けそうなときは、薄毛は改善されるものと考え、自身を奮い立たせてみてください。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング