年齢のせいで薄毛になったと諦めないための心構え

誰でも年齢を重ねますし、年齢とともに衰えを感じます。
最近は老化現象に活性酸素がかかわっていると言われることもありますが、薄毛もやはり年齢とともに感じる老化現象の一つです。

自身の年齢と頭皮を比べたときに、年齢だから薄毛は仕方ないと諦めてしまっていないでしょうか。
薄毛を年齢のせいだと思う前に、どうにか解決方法を見出してみませんか。

決して年齢のせいだけではなく、年齢のせいにする前にできることがあるのです。

年齢と薄毛の関係

年齢を重ねると細胞分裂の勢いも弱まります。
髪の毛が生えるためには、毛根を作る毛母細胞が活発でなければなりません。

細胞ですから休止期を終えるころに盛んに分裂を始め、毛根を作って、太くて丈夫な髪の毛を生やします。

ところが年齢とともに細胞分裂のスピードが弱まると、毛根も弱くなり、生えてくる髪の毛も弱弱しくなってしまうのです。

薄毛は老化現象の一つでもある

つまりと死を重ねれば重ねるほど、薄毛は進行しやすくなると言うことです。

対策を立てるには老化を食い止めるしかありませんが、一朝一夕でできるものではありませんし、要因も一つではないため、特定するのが大変と言うこともあるのです。

親が薄毛かどうかで早めに対策を

もしあなたの親御さんが薄毛の場合、薄毛の遺伝子を継いでいる可能性があります。
男性の薄毛の場合は親が薄毛なら4分の3の確率で遺伝しますが、女性の場合も例外ではありません

食生活や頭皮環境が関係している場合もある

また親と子供の食生活が似ている場合が多く、意識して直さなければ、薄毛が進行しやすい食生活を送り続けることになります。

小さいころから脂っぽいものばかり食べ、大人になっても変わらないと言う場合、皮脂の分泌量が多く、頭皮環境が悪化している可能性があります。

代謝が良ければ古い角質も剥がれ落ちますし、薄毛への影響はそれほどないと考えられます。
ですが年齢とともに代謝が落ちると、細胞分裂が弱まるのも相成り、抜け毛の環境が整いやすくなるのです。

ですから身内に薄毛の人がいる場合、生活習慣や食生活の見直しを一度してみてください。

薄毛が気になったらすぐに対策しよう

抜け毛が増えた、薄毛だと感じたら、年齢に関係なく早めに対策を立てましょう。
養毛剤や育毛剤を使用するのもいいですし、クリニックに通うのも一つの方法です。

年齢による薄毛の多くは毛根の弱体化ですから、養毛剤、育毛剤を使用することで、ある程度防ぐことができると考えられます。
続けていくほど、改善される見込みも出てくるのです。

時間はかかっても諦めないことが大事

細胞分裂がどの程度活発化によって、結果が出るまでの時間も変わりますが、年齢による薄毛をあきらめる必要はありません。

ヘアサイクルを正常にし、毛母細胞の分裂を活性化し、健康な髪の毛を取り戻すことができると信じることが大切です。

自宅ケアで改善が見込めない場合は、クリニックでカウンセリングを受けたり、専門的な治療を受けるのもいいでしょう。

まとめ

人は生きていれば年齢をどんどん重ねていきます。
そして体力低下や肌のハリの衰えなど、老化を感じるでしょう。

その時多くの方が、年齢だからとあきらめてしまいがちですが、薄毛の悩みばかりはそうもいきません。
年齢だから薄毛が進行するのは仕方ないと思っていては、いつまでも薄毛が改善されることはありません。

薄毛は放置すればするほど進行していくのです。
ですから年齢のせいだけにするのではなく、食生活や生活習慣を見直し、正してみるなど対策を立てましょう。

親が薄毛だから仕方ないと言うのも、女性の場合は細胞分裂が衰えることに原因があることも多いので、養毛剤や育毛剤を活用してみてはいかがでしょうか。

年齢に負けず、薄毛に立ち向かいたいと思ったら、クリニックを受診してみるのもお勧めです。

クリニックならカウンセリングで薄毛の原因を特定し、原因に見合った治療法を選択することができます。
あなたと二人三脚で医師が薄毛に立ち向かってくれますので、育毛を諦めることもないのです。
薄毛を年齢のせいにしている方は、今すぐ対策を考えてみませんか。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング