髪に必須の有効成分・亜鉛の特長と注意したいポイント

亜鉛は肉や魚介類、卵などに含有される成分です。
人間には200以上の酵素がありますが、その成分として血球や骨、歯や前立腺など多くに分布されているものなんですよ。

亜鉛が効能を発揮するのはホルモン調整や体の成長のサポート、新陳代謝や生殖機能を正常化することです。
また味覚障害の予防にもなります。

そんな亜鉛は薄毛に必須と言われていますが、それは何故なのでしょうか。

亜鉛とは一体?

亜鉛は味覚を正常に保つ役割を担っています。
また皮膚、粘膜を維持し、体の成長をサポートしてくれる栄養素の1つです。

食事で摂ったたんぱく質を毛髪に変えるために欠かせない栄養素なんですよ。
亜鉛は主に魚介類に含まれ、中でも牡蠣に多く含まれます。

髪の毛にも欠かせない成分

亜鉛は細胞分裂を促し、髪のキューティクルを守る役割も持っています。
薄毛対策に欠かせない存在と言えるでしょう。

健康な肌を保つコラーゲンの合成もあり、アンチエイジング効果も期待されているものです。

亜鉛で健康な頭皮を作ることが出来ますし、毛髪を伸ばすスピードも早くすることが出来ると言います。

頭皮ケアやトリートメントを行うことにより効果を期待することが出来るんですよ。

薄毛対策に亜鉛が必要なのは何故か

亜鉛は抜け毛の原因となる5αリダクターゼの酵素の働きを阻害する役割を持っています。
また神経伝達物質の働きも維持することが出来ます。

食事から摂れた亜鉛は骨や眼球、肝臓や前立腺に回され、体全体に貯蓄されます。
過剰摂取した分は便や尿などから排出されるようになっています。

元気な髪の毛を維持するために必要不可欠

亜鉛を摂取することは薄毛対策の手段となるでしょう。
他にも効果を期待出来ますが、髪の毛を構築する際のたんぱく質とケラチンを作り出すためには亜鉛が必要です。

ですから亜鉛は薄毛対策には必要不可欠な存在と言えるでしょう。

頭皮トリートメントで頭皮を揉みほぐすことにより血行促進をし、育毛効果をより高めることが可能です。

亜鉛の摂りすぎの注意点とは

亜鉛は摂りすぎても薄毛対策としてはいいかもしれませんが、体に影響を及ぼすこともあります。
余った場合、尿や汗などから排出されますので、通常の食事をしていると亜鉛過剰摂取にはなりません。

むしろ日本人の食生活には亜鉛不足のほうが深刻です。

しかしサプリメントなどを利用して過剰摂取すると鉄や銅を欠乏させたり、善玉コレステロールの血中濃度を下げる作用を持っていますから、亜鉛の摂りすぎには注意が必要です。

銅は育毛にも関わっている栄養素ですから、亜鉛を過剰に摂取するとその育毛効果も弱まってしまうことになります。

特に銅ペプチドという成分が、毛髪生成に関与していると言われています。
具体的には毛髪を太く長くする役割を持っています。

また、空腹時に亜鉛を摂取するのも良しとはされていません。

食事から摂取するのもおすすめ

そんな亜鉛ですが、牡蠣1粒で1日量摂ることが可能です。
レバーや牛肉、チーズなどにも亜鉛が含有されていますから、積極的に食事に摂り入れるようにしましょう。

亜鉛の吸収率を上げるためにはかつおや豚の赤み、鮭などがあります。

ビタミンCとの組み合わせがおすすめ

ビタミンCなども亜鉛の吸収率を上げます。
ですから亜鉛を摂る際にはクエン酸などを一緒に摂ることで、体への吸収率はよくなるでしょう。

赤ピーマンなどもビタミンCを多く含みます。
またビタミンCは代謝機能も向上しますから、育毛促進をサポートします。

まとめ

生牡蠣などを毎日食べることは難しいけれども、サプリメントなどを利用してうまく亜鉛を毎日続けることは出来るでしょう。
亜鉛は薄毛を予防するには必要な栄養素ですから、続けることが大切です。

亜鉛の1日の摂取目安は男性で10㎎、女性で8㎎です。

摂りすぎると吐き気や腎機能障害を起こす可能性がありますから、薄毛改善の効果が期待出来ると言っても摂りすぎには注意が必要です。

亜鉛を摂取すると同時に頭皮トリートメントをしたり、ヘアケアとして育毛剤を使ったりして薄毛対策に臨みましょう。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング