妊娠中や産後に薄毛で悩む女性におすすめの有効成分

妊娠中や産後、薄毛になってしまう原因は抜け毛にあります。
出産から2か月から3か月のうちに大体発症しているようですね。

それは妊娠中に分泌が活発化する、黄体ホルモンと呼ばれる女性ホルモンが原因と言われています。

女性ホルモンは、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2つで成り立っていますが、妊娠中は黄体ホルモンの割合が大きくなります。

そこで妊娠中や産後にホルモンバランスが乱れて、抜け毛が進行し薄毛になってしまうのです。
ではそのために有効な成分はあるのでしょうか?

大豆イソフラボンは万能な有効成分

女性にとって妊娠・出産は一大イベントとも呼べるものでしょう。
そのな時期に女性ホルモンは多きく変化し、脱毛症を起こしてしまうことが多々あります。

生理不順や産後の分娩後脱毛症などです。

このような場合だと、大豆イソフラボンの効果を期待することが出来ます。
女性ホルモンと似た作用を持つ大豆イソフラボンは食べ物やサプリメントから補うことが可能なんですよ。

人によって効果の出方が違う

ただ、大豆イソフラボンは大豆に多く含まれていますが、そのまま食事から摂ってもエストロゲンに似た作用をするエクオールに変換することが出来るのは、日本人でも2人に1人だと言われています。

ですから大豆食品を食べても効果を期待することを実感出来るのはなかなか難しいことなんですよ。
食事で大豆イソフラボンをせっせと摂っているけれど、効果が期待できないとなると、当然サプリメントに頼ることになります。

サプリメントは健康食品ですから、過剰摂取しなければ、体に害は及びません。

ジオウエキスも天然由来で効果的

ジオウエキスはおよそ20代から30代の若年性の薄毛に特化している有効成分です。
含有成分として、ノニに豊富に含まれることが分かっているイリドイド配糖体や糖類が含まれています。

ジオウエキスはどのような効能を持っているのでしょうか。

頭皮環境を整える役目

補血、弱った体を活発にするだけでなく、アミノ酸やリン酸などを豊富に含み、保湿効果も高いことが期待出来ます。

活動が弱弱しくなった皮膚細胞を活性化することが出来、乾燥対策としても用いられることもあります。
女性用の育毛剤によく使われていることとしては、

  • 血行促進作用がある
  • 保湿効果
  • 男性ホルモンの抑制効果が期待出来る

からと言って良いでしょう。

デスクワークを長時間続けていたり、冷え性だったりすると薄毛の原因になります。
ですから血行を促進し、全身に血をめぐらせることでぽかぽか体質になることが出来ます。

ミツイシコンブは産後抜け毛にも安心の成分

北海道のミツイシコンブは産後の抜け毛予防に効果的であると言われています。
昆布やわかめといった海藻は育毛へ効果があるのは分かっています。

海藻類でも特に北海道日高沖で採れるミツイシコンブは産後の抜け毛に最適だと言われています。

何しろ天然素材ですから、母乳に影響を与えません。
ミツイシコンブは昆布の中でも特にミネラルやフコイダンを多く含みます。

食材としても積極的に活用したい

食材としても使われているミツイシコンブなので、その安全性は確かなものと言えるでしょう。

髪の毛を太く、コシのある成長をサポートするのはもちろんのこと、保湿成分も含まれていますから、頭皮環境を健やかに保つのにも優れています。

育毛剤として頭皮に優しいことは分かりますね。
食事でミツイシコンブを積極的に摂り入れても自然と頭皮ケアや毛髪ケアにもなります。

またミツイシコンブには髪の毛の成長の成長促進因子が非常に高いことが分かっています。
美肌効果も期待されていますから、女性には注目の有効成分でしょう。

まとめ

産後女性や妊娠中の女性に抜け毛はつきものと言っても過言ではないでしょう。
それだけホルモンバランスが乱れる原因が妊娠・出産なんですよ。

再び元に戻るとは言え、一刻も早く元の髪の毛を取り戻したいものです。
上記にあげた有効成分は全て天然素材で出来た有効成分ですから、体に害のない、影響のないものとして知られています。

このような有効成分を配合したものを食べる、あるいは育毛剤でケアをすることが妊娠中の女性や出産後の授乳中の女性には好ましいと言えますね。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング