更年期女性に最適な育毛効果が期待できる有効成分

更年期の女性にとって最適な育毛有効成分とは一体何があるのでしょうか。
それはイソフラボンという成分です。

大豆に主に含まれる成分の1つで、昔から日本人が好んで食べてきたものですよね。
育毛効果があると分かるとなおさら、豆腐入りのお味噌汁や冷ややっこなどが食べたくなるものです。

では更年期女性にとって大豆イソフラボンはどのように作用してくれるのでしょうか?

イソフラボンって何?

そもそも大豆イソフラボンとは何?という女性もいるかもしれません。

大豆イソフラボンとは植物性のポリフェノールのことです。
特に大豆に豊富に含まれるものです。

植物性ポリフェノールは強い抗酸化作用や、抗ヒスタミン効果が期待でき、老化、がんなど活性酸素が発生するのを抑えるのに効果的です。

大豆製品の補給がおすすめ

天然の抗ヒスタミン剤の働きを持っていますから、アレルギーを持っている人は特に納豆や豆腐などを好んで食べると良いでしょう。

大豆製品と言えば納豆や豆腐だけでなく、発酵食品である味噌や煮豆などもあります。
豆乳なども大豆製品にあたりますから、イソフラボンを摂ろうと思えば多用に摂ることが可能なんですよ。

イソフラボンの育毛効果とは?

更年期の抜け毛の1番の原因は、女性ホルモンの急激な減少によるものです。

そこで、体の中で女性ホルモンに似た作用をしてくれるイソフラボンを摂ることにより、女性ホルモンのエストロゲンを助けてくれる補助的な役割を担ってくれます。

男性ホルモンを抑える効果が期待

これにより男性ホルモンの過剰な分泌を抑制することが出来ます。

男性ホルモンであるテストステロンがジヒドロテストステロンに変換されると抜け毛に繋がりますから、この分泌を抑制することが出来れば結果として育毛効果が期待出来るのです。

また女性ホルモン、エストロゲンに似た作用を持つイソフラボンは女性らしい瑞々しい艶感のある髪の毛を生やしてくれるんですよ。

ですから更年期女性が摂るべき最適な育毛有効成分と言えば、イソフラボンということになりますね。

イソフラボンの摂取方法

イソフラボンは食事から摂ることが出来ます。
厚生労働省が認めているイソフラボンの摂取目安は上限は75㎎です。

吸収率には個人差がありますので、食事から吸収できるものとしておおよそは、納豆1パックに50g、豆腐2分の1丁で110g、大豆煮で50g程度となります。

育毛や健康の観点から見てみると、大豆に含まれている栄養素は非常に魅力的なものです。
髪の材料ともなる植物性たんぱく質も豊富です。

大豆にはビオチンという毛細血管を太くするものも入っていますし、ビタミンも豊富なので髪の毛にも生活習慣病にも良い結果を残してくれるでしょう。

無理な場合はサプリメントで補うことも可能

また、自炊などが無理な忙しい女性の場合や、更年期障害が重くて辛い場合、食事を作る、摂るのが難しい場合は、サプリメントを利用しても良いでしょう。

豆乳などは朝食時にでも飲むことが出来ますし、沢山の大豆製品も数多くあります。
しかし毎日イソフラボンを摂取するのは大変なことでしょう。

ですからイソフラボンを毎日摂るのが難しいという更年期の女性の場合、サプリメントをうまく活用すると良いでしょう。

過剰摂取のリスクも考える

ただ、サプリメントの場合、過剰摂取のリスクがありますから、摂取量は1日の食事を計算しても1日あたり30㎎までが望ましいと言えるでしょう。

食事から摂るイソフラボンに関しては、過剰に吸収されることはありません。
大豆製品を多く摂りすぎても過剰摂取にはなりませんから、出来れば食事から摂るイソフラボンが良いでしょう。

まとめ

このように更年期で薄毛になった、悩んでいるという女性には、イソフラボンが最も良い育毛有効成分と言えそうですね。
女性ホルモンのエストロゲンに似た作用を持っており、女性らしさをいつまでも保ってくれます。

また女性らしい瑞々しい髪の毛を作ってくれるのにも役立ちます。
サプリメントで摂取する場合は1日の総合の食事と換算して過剰摂取しなければ大丈夫でしょう。

サプリメントのパッケージに記載されてある用法用量を守って飲んでいれば大丈夫です。
育毛と同時に健康効果を期待するならば、大豆製品は食事から摂ったほうが望ましいですね。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング