薄毛予防に必須とも言える様々な有効成分

今では女性用の育毛剤も多数販売されてきています。
そのためどの育毛剤が自分に合っているのか分からないという人も大勢いるようですね。

自分の薄毛や抜け毛のために必須の有効成分は知っておきたいところです。
自分の頭皮環境によっても有効成分は異なりますから、その有効成分は覚えておきたいところでしょう。

そんな女性に必須と言える育毛成分とは一体どんなものがあるのでしょうか?

血行不良を改善してくれる成分がお勧め

まず抜け毛薄毛に対しては血行が悪くなって起こっていることが殆どです。
ですから、血行促進作用のある有効成分がお勧めでしょう。

毛乳頭へ血液をスムーズに運び、必要な酸素やエネルギーを運んで健康な毛を作る成分です。
頭皮が硬くなっている、もしくは頭皮の温度が低下している女性にお勧めな有効成分としては、

  • センブリエキス
  • ショウキョウチンキ
  • ニンニクエキス
  • ニンジンエキス
  • ビタミンE
  • ミノキシジル

などがあります。

毛母細胞を活性化させる有効成分

また毛母細胞を活性化させる成分も有効成分として見てもよいでしょう。
血行促進を保ちつつ、髪の毛を作り出す毛母細胞に効果的に作用し、新陳代謝を高めてくれます。

髪の毛にコシやハリがない、毛が細いなど薄毛が気になる女性には有効な成分です。

  • パンテノール
  • プラセンタエキス
  • ニコチン酸アミド
  • アミノ酸
  • ビオチン

などがあります。

皮膚抑制作用や抗炎症、保湿成分も大切

また皮脂の過剰分泌によってベタつきやニオイが起こり、頭皮環境が悪化している場合では頭皮の酸化予防のために有効成分があります。

  • 塩酸ピリドキシン
  • ジエチルスチルベストロース
  • イオウ

などです。

抗炎症作用がある有効成分

そして抗炎症作用があるものも見逃せません。
紫外線や皮脂が酸化した状態である、間違ったヘアケアなどで傷ついた頭皮の炎症を和らげてくれる成分です。

  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • アラントイン
  • シコンエキス
  • プレドニゾロン

などの成分があります。

保湿効果がある有効成分

また女性の場合は保湿成分も必要です。
頭皮が乾いた状態だとフケ、炎症の元になります。

頭皮トラブルも起こりやすくなり、バリア機能が弱まってしまうんですよ。
保湿成分を頭皮に補うことによりそのような状態を防ぐことが出来ます。

  • 加水分解コラーゲン
  • トレハロース
  • ヒアルロン酸Na
  • グリセリン

などは代表格です。

男性ホルモンを抑制する成分も有効

また元々女性も男性ホルモンを持っています。
この男性ホルモンが年齢と共に減少する女性ホルモンよりも、優位いに立ってしまうと薄毛や抜け毛の原因になりますから、男性ホルモンを抑制する有効成分も効果が期待出来るでしょう。

  • ホホバオイル
  • プラセンタエキス
  • オイゲニルグルコシド
  • ヒオウギエキス

などがあります。

女性の薄毛や抜け毛の原因はストレスや女性ホルモンが減少すること、男性ホルモンの影響などから来るものです。

ヘアサイクルが乱れることにより起こります。
ヘアサイクルを正常化させるには血行促進、新陳代謝を高めることが大切なんですよ。

血行促進、新陳代謝が育毛の鍵となりますから、女性用育毛剤の有効成分には血行促進成分もしくは毛母細胞活性化の有効成分が入っていることが殆どです。

この2つの有効成分を中心として、殺菌作用を持つ成分やビタミン剤、保湿成分などがバランスよく含まれています。

まとめ

男性用と女性用の育毛剤では有効成分の含有量が違っていることが殆どです。
ですから男性の育毛剤を使うことで刺激が強くなることは覚えておいたほうが良いでしょう。

有効成分が高ければ高いほど、効果が期待出来ますが、刺激も強くなるものです。
女性用の薄毛予防に必須な有効成分には、優しい商品が多いということになります。

保湿力が高く、低刺激なものが多いということですね。
他にもまだまだ有効成分はたくさんあります。

頭皮の乾燥が気になっている女性は、頭皮を殺菌する有効成分を使ってもあまり効果が期待出来ませんので、保湿を重点に置いたものを使うと良いでしょう。

自分の頭皮と話し合って決めるのが一番です。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング