女性には危険!使ってはいけない男性用の育毛有効成分

女性が薄毛、抜け毛を改善するために男性用の育毛剤を使うということはお勧め出来ません

お勧め出来ないというよりも、危険性が高いのでやめましょう。

それは何故かと言うと、男性と女性では抜け毛の原因が全く異なるからです。
男性には男性の、女性には女性用の育毛剤がありますし、もちろんユニセックスで使うことが出来るものもありますから、それらを使うようにしましょう。

男性用と女性用の違い、そして危険性とは?

男性用薄毛に対して作られている育毛剤とはどのような成分が配合されているのでしょうか。

男性用は男性ホルモン抑制が目的

女性の場合はホルモンバランスが乱れたりストレスや生活環境で薄毛になることが多いですが、男性は異なります。

男性の育毛剤は男性ホルモンを抑制する成分を中心として作られていますから、栄養不足や乾燥、頭皮の老化などに特化して作られているものではないんですよ。

女性には男性用が不向きな理由

それに女性が男性用育毛剤を使用すると、血管改善効果や頭皮環境を健康に保つ効果が期待出来ないばかりか、男性ホルモンへの作用部分が関与しなくなります。

頭皮環境に効果が期待出来ても、デメリットとしては女性のほうが男性よりデリケートは肌質の場合が多いので、炎症やかぶれ、ただれなどが起こる可能性のほうが大なのです。

安易に男性用育毛剤を使ってはダメ!

頭皮トラブルの元になりますから、男性用育毛剤のほうが効きそうだ、と思っても手を出すのはやめておきましょう。

酷い場合になると抜け毛や薄毛が進行する可能性もありますから、薄毛が気になる女性であれば、なおのこと、男性用の育毛剤に手を出すのはやめておきましょう。

プロペシアは触れるだけでもNG?

男性用育毛剤としてプロペシアという錠剤が、効果が期待出来ると人気があるようですが、女性の場合、プロペシアは触れるだけでも禁止だと言います。
それは一体何故なのでしょうか。

妊娠中の女性は特に注意

プロペシアの有効成分であるフィナステリドは体内に吸収されるとお腹の中の胎児の生殖器に異常を起こす可能性があると言われています。

妊娠中の女性は特に注意が必要になってきます。
さらに皮膚からもプロペシアの有効成分フィナステリドは吸収されますから、錠剤に触れるだけでも、その副作用が起こる可能性があります。

服用ももちろん禁止です。
触れるだけでも体内に吸収されてしまう成分がプロペシアという錠剤ですから、取り扱いには非常に慎重になる必要があります。

もしご主人がプロペシアを使っているのなら、なおさら注意が必要ですね。

ミノキシジルは多毛症になる?

また高血圧の人の飲み薬だったミノキシジルは、血管拡張作用を持っているため、低血圧の人が服用するとさらに血圧が下がる可能性がありますから大変リスクが伴います。

またそれ以外にも多毛症と言って、髪の毛だけでなく、ひげや体全体に毛が生えてきてしまう症状が起こったり、血管が拡張されることにより、皮脂が過剰分泌され、肌荒れを起こす可能性があります。

さらに性欲の減退ということもあり得ると言われています。

男性用と女性用のミノキシジルは濃度が違う

ミノキシジルは女性でも今では使えるものとなっていますが、男性のものと比べるとパーセンテージが違います。

濃度が薄くなったものが女性用の育毛剤に配合されていますから、けして男性用の育毛剤を使うことはやめておきましょう。

まとめ

このように見てみると、男性用育毛剤を女性が使うメリットは1つもないことが分かってきます。
リスクが少ない100%無添加で天然成分で出来た、肌に優しい育毛剤がお勧めでしょう。

ユニセックスで使うことが出来る育毛剤も良いですが、実際の所は、ユニセックスでも女性は使うべきではないと言う声もあります。

ですから女性は女性専用の育毛剤を使ったほうがメリットが大きく、安心して毎日続けることが出来ますから、女性用を守ったほうが安心出来ますね。

女性専用の育毛剤で副作用が出たという事例は極僅かだと分かっています。
ですから100%無添加で天然成分で出来ているものが望ましいでしょう。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング