外用育毛剤に含まれる有効成分グリチルリチン酸ジカリウムの薄毛改善効果

外用タイプの育毛剤でよく含まれているのがグリチルリチン酸ジカリウムという成分です。
育毛剤に手を伸ばしたことがある人は、一度は耳にしたことがある名前でしょう。

しかしグリチルリチン酸ジカリウムとは一体どんな成分なのでしょうか?
薄毛改善にどのような効果が期待されているのでしょう。

その期待出来る効果に迫ってみましょう。

甘草由来の天然成分

グリチルリチン酸ジカリウムは甘草という漢方の原料として知られる成分とグリチルリチン酸とカリウムが融合したものです。

  • グリチルリチン酸2K
  • グリチルリチン酸ジカリウム二カリウム
  • グリチノンK2

などとも呼ばれているようですね。

抗炎症作用があるとのことで、コスメや医薬品によく用いられているものです。
そのような成分は育毛剤に一体どんな影響をもたらしているのでしょうか?

抗炎症作用や抗アレルギー作用が期待できる

具体的には抗炎症や抗アレルギー作用を認めることが出来ます。
皮脂の過剰分泌で毛穴が詰まると、頭皮に炎症が起こります。

敏感肌でデリケートな肌質の女性はシャンプーが肌に合わないこともあり、頭皮にアレルギー反応を起こす場合もあります。
どちらも薄毛の原因となるものです。

このグリチルリチン酸ジカリウムを使うことで、薄毛の原因である炎症やアレルギー反応を抑制することが可能なんですよ。

毛髪が成長しやすい頭皮環境を整えることが可能で、抜け毛予防や毛髪の成長を促進させる作用を持っています。

殺菌作用を持っています

グリチルリチン酸ジカリウムには殺菌作用もあります。
頭皮の皮脂過剰分泌は雑菌の増殖を招いてしまいます。

また乾燥した頭皮であれば、頭皮のバリア機能を弱めてしまい、やはり雑菌の影響を受けやすくなってしまうのです。

かゆみやフケの原因を防ぐ

どちらにも雑菌によるかゆみが生じることになりますね。
かゆみが出ると無意識のうちに髪の毛をかきむしったり、そのせいでフケが出たり、頭皮が傷つく原因になります。

新陳代謝も崩れ、ヘアサイクルを乱すことになりますから、フケもさらに出やすくなってしまうんですよ。

グリチルリチン酸ジカリウムは高い殺菌作用を持つため、頭皮の雑菌を防ぐことが出来ます。
フケ、かゆみを抑制することが出来ますから、頭皮環境をいつでも清潔に保つことが出来るのです。

実は甘味料にも使われることもあります

実はグリチルリチン酸ジカリウムの原料となる甘草はヨーロッパでも薬として使われてきたという歴史があります。
古くからマメ科の多年草として漢方薬として世界中で使われてきました。

甘草は鎮痛や解毒作用、抗炎症作用など様々な効能を持つため、胃痛や食欲不振、発熱などに用いられていたと言います。

また独特の強い甘みがありますから、薬としてだけではなく醤油、タバコなどの甘味料として使用されることもあったようです。

毛母細胞のサポート役としても活躍

さらにカリウムに毛母細胞の機能調整もしてくれるのがグリチルリチン酸ジカリウムです。
カリウムは細胞の成長や分裂などエネルギー代謝に深く関与しているものです。

カリウム不足になると毛母細胞の機能が低下してしまうのです。
毛髪の成長にも影響を及ぼしてしまうんですよ。

グリチルリチン酸ジカリウムにはカリウムが含有されているため、毛母細胞の機能のサポートをしてくれると考えられています。

まとめ

グリチルリチン酸ジカリウムには副作用がないのか?という点が不安ですが、甘味料にも使われるほど安心な成分です。

医薬品などにも使われていることから安全なことが分かっています。
ただ、長期的に大量摂取を続けると高血圧、むくみなどの症状が現れると言います。

ですから、完全な副作用がないとは言い切れないのが事実です。
育毛剤に含まれている程度の使用であれば、使い方を間違えなければ問題ないと言えるでしょう。

また頭皮環境を改善する効果が期待出来るグリチルリチン酸ジカリウムには相性の良い成分もあります。
オウゴンエキスやセンブリエキスが代表的ですね。

そのような成分の配合された育毛剤を選ぶとより良い結果を生み出してくれるでしょう。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング