女性の髪の危機を救う有効成分コラーゲンの育毛効果

女性であればコラーゲンというものを一度は聞いたことがあるはずです。
お肌の弾力を保ったり、水分量や保湿に欠かせない存在です。

そんなコラーゲンですが、育毛効果があると知っていましたか?
がっつり育毛をしたい、育毛剤を買うことに抵抗がある・・・色々な女性がいると思いますが、コラーゲンが肌にも良く、育毛にも良いとなると手を出したくなるものです。

一体何故コラーゲンは育毛に良いのでしょうか?

そもそもコラーゲンとは一体?

そもそもコラーゲンとは一体何を指すのでしょうか?
コラーゲンはたんぱく質の一種です。

主成分はゼラチンで、中身はほぼアミノ酸で構成されているものです。

体内組織の大半に含まれるコラーゲン

人間の体の組織のほぼ全てには、コラーゲンが含まれているんですよ。
骨や皮膚、血管や臓器などに含まれるコラーゲンはいかに重要かが分かりますよね。

体全体にはおよそ20%のたんぱく質があり、その中でも30%がコラーゲンを占めています。
特に体内で多い部分は皮膚の真皮部分です。

またコラーゲンはそれぞれの場所に合った働きをしているんですよ。
コラーゲンと一言に言っても、実はおよそ30種類以上の種類に分類されるのがコラーゲンです。

真皮にはおよそ70%から80%のコラーゲンが占めており、真皮の支柱とも言える働きをしてくれています。
そのコラーゲンは具体的にはどのように、毛髪に影響を与えてくれるのでしょうか?

細い髪から太い毛へ、抜け毛減少へ

まず細い髪の毛から太い髪の毛へと変貌させることが出来るのがコラーゲンです。

毛根の根である毛乳頭や毛母細胞は、コラーゲンが多くを占める真皮に根を生やしています。
血液に乗って酸素と栄養素が真皮層に届くとコラーゲンが栄養の受け渡しをしてくれます。

そして毛乳頭や毛母細胞が刺激を受け、活性化されたこれらの細胞が太く強い髪の毛を作り出してくれます。

抜け毛予防に役立つ理由

さらに抜け毛を食い止めることが出来るのもコラーゲンの特長の1つでしょう。
真皮の中にあるコラーゲンは、繊維芽細胞という細胞で分解され、合成されます。

そして毎日のように作られているんですよ。
コラーゲンが不足すると肌の弾力低下はもちろんのこと、新陳代謝も低くなりますから、コラーゲンの質も悪くなります。

そうなると髪の土台である頭皮も弾力を失い、栄養が足りない状態になりますから、髪の毛が抜けやすい状態になってしまいます。

真皮内で毎日質の良いコラーゲンが生成されることによって、弾力性が戻ることで、髪の毛もしっかり根をはやし、抜け毛減少へと繋がるのです。

育毛効果を高めるコラーゲンの摂取方法とは

コラーゲンが豊富な食材と言えば、ふかひれや軟骨、手羽先などがあげられますが、これらを食べてもコラーゲンを摂取したことにはならないんですよ。

食物に含まれるコラーゲンの分子量は大きく、体内で吸収されにくいのです。
ですからコラーゲンをうまく合成させる必要があります。

ビタミンCとの組み合わせが重要

それがビタミンCの存在です。

ビタミンCはコラーゲンの吸収を助ける働きがあるからです。
それはコラーゲンの再合成に必要である酵素が関係してきます。

低分子コラーゲンを摂取する

また、通常のコラーゲンは分子量が大きいため、一度分解されてアミノ酸になってしまいます。
いくら摂取しても体内へ吸収されることもないまま終わってしまいます。

それを阻止するためには低分子コラーゲンを摂る必要がありますね。

低分子コラーゲンと言うもので、海洋性のコラーゲンが最も低分子だと言われています。

就寝前に摂取する

さらに寝る前にコラーゲンを摂取することも大切です。
ゴールデンタイムと呼ばれる夜の10時から深夜2時までの間には成長ホルモンが分泌され、髪の毛もその時間帯にかけて伸びます。

ですからこの間に質の良い睡眠を取っておくとコラーゲンも多く生産され、成長ホルモンの分泌と重なって効果的な作用をもたらすと言われています。

育毛のためには就寝前にコラーゲンを摂取するのがお勧めでしょう。

まとめ

毛髪の本数が劇的に増えるというわけではないコラーゲンですが、薄毛対策として太く強い髪の毛を育てることは出来ると分かりましたね。

薄毛対策には充分な効果を期待出来るでしょう。

コラーゲンを継続して続けること、合成を助けるビタミンCも一緒に摂取することやバランスの良い食事も大切です。

日々の小さな積み重ねが薄毛対策へと繋がっていきますから、健康な頭皮や毛髪を手に入れるためにもコラーゲンをうまく活用して美肌も美髪も手に入れましょう。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング