育毛剤の有効成分キャピキシルのメリットとデメリット

キャピキシルは

  • アカツメクサ花エキス
  • アセチルテトラペプチド3

が主成分となり、この2つが組み合わさってキャピキシルと呼ばれています。

ミノキシジルよりも効果が期待出来ると噂されている話題の成分で、今世界中で注目を浴びている成分なんですよ。
一体どんな成分なのでしょうか。

メリットはどこにあるのでしょう。
そしてデメリットはあるのでしょうか?

世界でトップクラスの育毛剤

キャピキシルは世界でトップクラスに入るほどの育毛剤で、ミノキシジルのおよそ3倍もの発毛効果が期待出来るものと、話題となっています。

キャピキシルは直接毛包に働きかけることが出来るので、毛包が強くなる作用を持っています。

自分が使っているいくつもの育毛剤でも効果が期待出来なかった、そんな人にはお勧めの成分かもしれませんね。

脱毛を抑制しつつも育毛効果を期待出来ますから、効果が現れるまでの抜け毛が心配だという人にもお勧めでしょう。

キャピキシルの主成分について

キャピキシルはアセチルテトラペプチド3という4つのアミノ酸とアカツメクサ花エキスで出来ているもので、アセチルテトラペプチド3は高い細胞の復元修復効果が期待されるものです。
この作用を毛母細胞の修復にも用いているのがキャピキシルです。

アカツメクサ花エキスはマメ科の多年草で、昔より薬用のハーブとして用いられてきました。
ビオカニンAという成分が含有され、5αリダクターゼという酵素を阻害する働きを持っています。

キャピキシルのメリットはどこにある?

キャピキシルの大きなメリットの1つには、副作用がないという点にあります。
天然の草がベースなので、フィナステリド、ミノキシジルのように医薬品に多い副作用の可能性が極めて低いのです。

フィナステリドは女性への影響、性欲減退の可能性がありますし、ミノキシジルには低血圧症やニキビを発症する可能性があります。

しかしキャピキシルは薬品ではありませんから、このような副作用は出ないんですよ。

世界レベルで安全性も確認されているキャピキシルはとても安全性の高い発毛成分であるということが明らかになっています。

天然成分かつ、安全性の高い育毛成分として開発されたキャピキシルは、今までミノキシジルやフィナステリドなどで、頭皮トラブルを起こしていたユーザーにとっては、非常に嬉しい存在と言えるでしょう。

特にミノキシジルは頭皮の炎症やかぶれを起こしやすい人が多かったので、キャピキシルの登場によってその症状がなくなることにメリットを感じる人は大勢いるでしょう。

ではデメリットはあるのでしょうか?

基本的にキャピキシルは医薬品ではありませんから、副作用などは認められていません。
しかし一部副作用としてあげるのなら、初期脱毛というものがあります。

初期脱毛について

初期脱毛は育毛剤などを使用した場合において、1か月から2か月ほど毛が抜ける時期を指します。
不健康な髪の毛が多ければ多いほど抜ける特長も持っています。

この初期脱毛で勘違いしやすい人も多いのですが、これは新しい髪の毛が生えるために起こるもので、やせ細った毛根が太くたくましい毛髪を生成する過程で必ずと言ってよいほど発生するものです。

他の育毛剤を使っても、このような初期脱毛は起こり得ます。
ですからそれほど心配する必要はないんですよ。

他の育毛剤にも見られる初期脱毛が、キャピキシルにも見られるというのが、デメリットなだけであり、その他のデメリットは殆ど見られないのがキャピキシルという成分です。

まとめ

キャピキシルは天然草から採取された最新の育毛成分です。
副作用もありませんし、その有効性は世界でも認められています。

主成分のアカツメクサ花エキスにはイソフラボンも豊富に含まれ、体に害のないものと言えます。
毛包の固定力もあがりますし、活性化を高めることで毛を生やすことが出来ます。

ですから最新の育毛剤にはキャピキシル配合の育毛剤が増えてきているのです。
副作用もない、メリットも多いキャピキシルはデメリットが殆どありません。

ですから安心して使える育毛成分だと言って良いでしょう。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング